特集

現役東大院生が突撃取材!ライブスター証券の手数料はなぜ安い?


「2012年ネット証券ランキング」(ストック・リサーチ社)のコスト重視派部門において、1位を獲得したライブスター証券。他社にはマネできない格安コストの秘密について、現役東大院生の木村美紀さんが突撃取材!


http://www.live-sec.co.jp/

情報は大手でゲット、売買はライブスターで

取材を受けてくれたのは証券営業部の高橋誠一さん。「ライブスターR」を使って、リアルタイムで銘柄を検索!

木村●株の売買手数料が業界最安値水準と聞いて、どんな証券会社なんだろうと思っていましたが、すごく素敵なビルにオフィスがあるんですね。それにしても、なぜ他社に比べて手数料を安くすることができるんですか?

高橋●徹底的にコストを削減しているからです。たとえば、ニュース配信などには莫大なコストがかかります。もちろん、最低限の投資環境は維持しながら、これらをコストカットしているわけです。

木村●えっ、日々のニュースは重要ですよね?

高橋●もちろんです。でも、手数料との両立は厳しい。賢いお客様は、ニュースは他社の情報ツールで拾い、売買はライブスター証券と使い分けているようですよ。

木村●それは賢い。株自体はどこの証券会社で買っても一緒。だったら、手数料が安いに越したことはありません。

高橋●木村さんはすでに株式投資の経験があるんですよね。

木村●はい。長期投資もやるのですが、最近はデイトレードにハマってます。

高橋●その際、手数料などのコストは考えていますか?

木村●もちろんです。私の投資スタイルは、少ない利益を何度も積み上げていくもの。ですから、常に手数料を見込んでエントリーするようにしています。ライブスター証券では、どのような手数料体系になっているのですか?

高橋●大きく分けて、2つの手数料コースがあります。ひとつは約定ごとに手数料がかかるタイプ。もうひとつは1日の約定代金に対して、手数料が決まっているものです。

木村●どちらを選んでいる投資家が多いのですか?

高橋●約定ごとに手数料が発生する「一律(つどつど)プラン」を選んでいる方が多いようです。でも当社の場合は、その日によってプランを変更することができるので、上手く使い分けている方もいらっしゃいます。

木村●手数料の安さはとても魅力ですが、私は取引ツールの使いやすさも重視したいのですが……。

高橋●その点はご心配なく。当社の「ライブスターR」は、30種類のテクニカル分析を搭載していますし、チャート上からの発注も可能。しかもすべてマウス操作だけで完結する最新鋭の取引ツールです。

木村●デイトレ向きの銘柄も見つけることができますか?

高橋●やってみましょうか?

木村●お願いします。

高橋●まず「市況分析ランキング」から「株価急騰落分析」を選択し、スクリーニングしていきます。ここで出てきた銘柄で出来高が伴っているものが〝旬の銘柄〞というわけです。もちろん、これ以外にも「高値更新」や「安値更新」、テクニカル分析による売買シグナルなどのスクリーニングも可能です。

木村●数字やデータを解析するのが好きなのでテクニカル分析なども活用しているのですが、勝率は五分五分といったところ。何か必勝法みたいなものはありませんか(笑)。

高橋●木村さんは信用取引はやっていないんですよね。現物取引、つまり上がる銘柄だけで五分五分は今の相場状況を考えれば優秀ですよ。実際、株式投資に必勝法は存在しません。しいて言えば、自分の決めたルールを厳格に守ることです。

木村●それは十分に心がけています。ではデイトレの場合、何分足のチャートを分析するのがいいのでしょうか?

高橋●そうですねぇ。わずか数ティックを取るのであれば、1分足や3分足。でも、まずは週足や日足といった比較的長いスパンを検証し、相場の大局観をつかむことが大切です。そこから段々と短い足のチャートに落としていきます。

木村●よく、安値付近まで下落した銘柄のリバウンドを狙うことがあるのですが、そこからさらに下がってしまうことが多いんですよね。

高橋●それも複数のチャートを見れば解決するかもしれません。1時間足で見て安値だと思っても、日足で見れば直近の安値はもっと下ということもありますし……。

木村●なるほど。あ、注文方法も「逆指値」や「イフダン」など、さまざまなものができるんですね。早速、私も口座開設しますね!

高橋●新規口座を開設していただければ、約2カ月間(40営業日)は、現物および信用取引の手数料は無料です。その2カ月間で当社をメイン口座にするかどうか判断していただければ結構です。

木村●自信があるんですね。

ライブスター証券の魅力は、格安な手数料と信頼性

オフィスは東京駅が見渡せる高層ビルでスタイリッシュモダンな社風を感じました。社員の方々は懇切丁寧で、株の話になると気鋭の眼差しに変わったのが印象的でした。

さて、一番聞きたかったのが格安手数料のからくり。さまざまなコストを最小限に抑え、必要なツールを優先的に残すことで画期的な手数料の安さを実現する。「投資家第一」の配慮なのでしょう。

たとえば、同じ利益を狙う場合でも、1回で儲けたい人と、10回に分けて利益を積み上げていきたいタイプの方がいらっしゃると思います。私は後者の性格なので、手数料が常に気になっていました。

ライブスター証券は、手数料の安さが最大の魅力で、「ニュースなどの情報収集は他社を利用してください」と、潔く言える姿勢が表裏なく、信頼できる会社だと感じました。


木村 美紀
現役東大院生タレント

東京大学大学院に在籍する「現役東大院生タレント」。 大学院で研究に励む一方で、テレビ出演やドラマ監修、書籍の執筆活動なども幅広くこなす。趣味は株式投資。時間に余裕があるときは、デイトレードにもチャレンジしている。

この記事は「WEBネットマネー2013年1月号」に掲載されたものです。


バックナンバー

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

1【4347】
ブロードメディア
2【4062】
イビデン
3【3625】
テックファーム
4【3692】
FFRI
5【2468】
フュートレック
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

みんなの外為ブログパーツ

株価検索

株価検索

フィスコプレイス 銘柄カルテ

産経ニュース