特集

あなたの資産運用にきっと役立つ最新情報がたっぷり詰まっています!!旬データ&ニュースランド

今月NISAで注目
割安な新興国ファンドを
今こそ仕込む!

米国の利上げなどの影響で新興国からの資金流出が顕著ですが、中長期的には新興国の高い経済成長率がもたらす投資リターンに引き続き期待したいところです。むしろ新興国全般、株安・通貨安による割安感から投資をしやすい地合いにあると言えます。そこで初心者向けにはアジアなど新興国全般に幅広く投資する「シュローダー・エマージング株式」を、中・上級者には具体的に国を絞り、「イーストスプリング・インド株式」を推奨します。インドは日本の主要企業も大型投資案件を進めており、原油輸入国の同国にとって原油安が追い風にもなります。
NISAは1つの目安として5年が投資期間となりますので、今後の経済情勢、新興国の状況を定期的に確認し、中・上級者はインド個別の要因にも目を向け、売却のタイミングなどを探ってください。米国利上げの過去の局面を確認しますと、いずれも短期的には不安定、中長期的には相場好転です。足元の不安定要因に目を向けすぎず、5年先を見据えると、やはり新興国投資が1つの選択肢になると思われます。



教えてくれたのは
内山貴博さん
内山FP総合事務所


※この記事は「ネットマネー2016年4月号」に掲載されたものです。


バックナンバー

注目キーワード

新着特集記事

最新号絶賛発売中

2017年6月号
3632銘柄の適正株価/2倍高狙いの中小型株100

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

1【7970】
信越ポリマー
2【6548】
旅工房
3【6327】
北川精機
4【2330】
フォーサイド
5【3606】
レナウン

売りたい株

1【6208】
石川製作所
2【6178】
日本郵政
3【2330】
フォーサイド
4【4274】
細谷火工
5【1934】
ユアテック
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索