ネットマネー2017年8月号96ページに記載の高千穂交易の売買単位に誤りがありました。
正しくは「100株」です。お詫びして訂正いたします。


特集

足元の海外市場を要チェック!外国株情報(2017年3月号)

〝トランプフィーバー〞冷めやらぬまま2016年 12 月も続伸した米国株。NYダウは歴史的節目である2万ドル台が目前に迫っている。年が明けて、2017年の外国株にはどのような相場が待ち受けているのか? 興味津々だ。

トランプ効果でNYダウが2万ドル目前に!

昨年 12 月の外国株相場は、前月のトランプ次期大統領当選を受けて米国株が続伸。NYダウは歴史的節目となる2万ドル台が目前に迫った。

一方、中国・香港株は、中国本土市場の主要インデックスである上海総合指数が 11 月末に比べて4・5%下落。香港ハンセン指数も3・5%下げるなど軟調のまま1年を終えた。上海総合指数の年間下落率は 12 %を超えた。

NYダウは、OPEC(石油輸出国機構)が 11 月 30 日に約8年ぶりとなる減産合意に達し、原油価格が上昇するとの期待を受けて月初めから連日最高値を更新。トランプ大統領誕生による規制緩和やインフラ投資が米国経済に恩恵をもたらすとの期待も相場の上昇に拍車をかけた。

12 月の米国FOMC(連邦公開市場委員会)で昨年2度目の利上げが決定したことは一時的な〝冷や水〞となったが、2017年に利上げペースを加速させる可能性が示唆されたことは、むしろ米国経済の堅調な成長を予感させるものであり、株価をさらに押し上げる要因となった。

年末の持ち高調整で2万ドルには届かなかったが、NYダウは2017年の早い段階で節目を突破しそうだ。

中国株市場では、 12 月5日に深セン市場と香港市場の相互取引がスタートした。

事前にはこれが好材料となって香港株相場が上昇するとの期待もあったが、相互取引による商いは思ったほど活発ではなく、むしろ香港金融当局による利上げが悪材料視されてハンセン指数は軟調に推移した。香港は米ドルと為替相場をペッグ(連動)させる通貨政策を採用しており、米国が利上げをすれば、香港も金利を上げざるをえないというジレンマを抱えている。

東南アジアではタイのSET指数が 12 月の1カ月間で2・2%上昇。通年では4年ぶりの上げ幅を記録した。


バックナンバー

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

1【7810】
クロスフォー
2【4503】
アステラス製薬
3【1928】
積水ハウス
4【2811】
カゴメ
5【4316】
ビーマップ

売りたい株

1【7312】
タカタ
2【4316】
ビーマップ
3【100000018】
日経平均株価
4【1870】
矢作建設工業
5【2180】
サニーサイドアップ
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索