特集

足元の海外市場を要チェック!外国株情報(2017年4月号)

2017年の幕開けとなる1月序盤の外国株相場は、米国のダウ平均が伸び悩む一方、ブラジル株、東南アジア株は好調なスタートを切った。今年上がるのはどの国の株か?今月も外国株のホットな情報をお届けします!

NYダウ、2万ドル突破。資源相場の底入れでブラジル株が高い

1月の外国株相場は、トランプ新政権の経済対策の行方が不透明であることから序盤は米国株が伸び悩む一方、資源価格の底入れ期待からブラジル株が大幅に上伸、資金流入の拡大とともに東南アジア株も軒並み上がるなど、まちまちの展開となった。

米国のNYダウは、トランプ大統領の就任から4営業日目の1月 25 日に待望の2万ドル台を突破。1月 11 日に行なわれた当選後初の記者会見、20 日の就任演説ではトランプ氏が経済政策に関して具体的に言及しなかったことから売られる局面もあったが、その後、オバマ前大統領が却下した原油パイプラインの建設計画の推進を決めるなど、選挙公約に掲げた政策を次々と実行に移したことが好感され、NYダウを押し上げた。

しかし、月末にトランプ氏が難民・移民の入国を規制する大統領令を出したことが〝冷や水〞となって、NYダウは再び1万9800ドル台に下落。結局、1月の月間騰落率は0・5%にとどまった。

一方、新興国の中で特に相場が好調だったのはブラジル株。ボベスパ指数は年初からの1カ月間で7・4%上昇した。中国が鉄鋼の過剰生産を抑制するとの報道を手がかりに鋼材の先物相場が上昇したことが好感され、鉄鉱石などを生産する資源大手ヴァーレの株価が急伸。これがブラジル株相場全体を押し上げた。

東南アジアでは、フィリピン総合指数が年初からの1カ月間で5・7%上昇し、大台の7000ポイント台を回復したほか、シンガポールのST(ストレーツ・タイムズ)指数も5・8%上昇した。昨年末の〝トランプラリー相場〞以来、リスク選好意識が高まって新興国への資金流入が拡大しているようだ。

香港のハンセン指数も1月の1カ月間で6・2%上昇。中国本土の上海総合指数は1・8%高となった。


バックナンバー

注目キーワード

新着特集記事

最新号絶賛発売中

2017年6月号
3632銘柄の適正株価/2倍高狙いの中小型株100

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

1【7970】
信越ポリマー
2【6548】
旅工房
3【6327】
北川精機
4【2330】
フォーサイド
5【3606】
レナウン

売りたい株

1【6208】
石川製作所
2【6178】
日本郵政
3【2330】
フォーサイド
4【4274】
細谷火工
5【1934】
ユアテック
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索