特集

お金の最新情報データが続々発着する!マネーステーション(2017年4月号)

株や投信をはじめ、安全系の資産運用に役立つ商品対決などマネーに関するお役立ち情報が満載。株の手数料や銀行の金利、今月のお得な保険など投資家が気になる詳細データも網羅。要チェック!

STATION① 今月の特急

バイオ事業にも進出するネット金融株に好機

今年から個人型確定拠出年金制度(iDeCo)の拡充もあり、老後に向けた資産形成や積極的な投資について考える人が増えています。そんな投資初心者向けの銘柄としてSBIホールディングスを取り上げました。同銘柄は約15 万円で株主になることができるため比較的少額から投資することが可能です。

同社はネット証券や保険といった金融事業が主事業ですが、バイオ事業を手がけるなど今後の成長が期待できる事業分野に積極的に進出しています。日経平均株価との相関性も高く、株式相場の動向がそのまま株価に反映しやすいため、初心者にとって日々の情報収集も比較的容易であると思われます。

株式市場が堅調でやや過熱感が出てきたタイミングで一度売却して利益を確定するのもひとつです。今年の世界経済はトランプ大統領の就任で大きく動くことが予想されているので、いったん落ち着いたときが仕込み時でしょう。何より前述の個人型確定拠出年金の口座開設先として注目されているのが傘下のSBI証券でもあり、フィンテック(金融とITの融合)や仮想通貨をはじめ金融サービスが変わる中で存在感を増していくことも期待されています。

STATION② 今月の快速 投信

TOPIXを上回る騰落率を継続中

投信残高世界第1位の米国は、ファンド数約8000本、1本当たりの残高が約2300億円。一方、日本は、それぞれ約5800本、160億円前後です(2015年末現在)。投信資金流入額に対し日本のファンド数がいかに多いかがわかると思います。

また、販売状況を見てみると、米国では発売から平均 31年のロングセラー、低コスト商品が売れ筋。平均 13 年、人気商品が毎年入れ替わる日本で、投資初心者がまず手始めの1本を見つける難しさを痛感します。

今回取り上げる「ひふみ投信」は、投資未経験者が約3割を占める、発売9年目の投信。この間、純資産総額が3倍に増えました。足で稼いだ情報で日本の成長企業を発掘し、市場の変化にも柔軟に対応する運用スタイル。 年間騰落率ではTOPIX(東証株価指数)を上回る成果を出し続けています。アナリストらがスピーカーとなって全国を回るセミナーや企業訪問イベント開催など、運用側と距離が近いのも魅力です。

将来の資産形成に積立投資がおすすめです。


教えてくれたのは
内山FP総合事務所代表 内山貴博さん
ザ・ヴィジョンクエスト代表 浦野雅子さん



バックナンバー

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

1【6542】
FCホールディングス
2【3022】
山下医科器械
3【3758】
アエリア
4【1301】
極洋
5【2425】
ケアサービス
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索