記事一覧

マーケット関係者の間では、FRB(連邦準備制度理事会)による年内利上げが予想されていますが、その判断材料となる雇用と物価は、それぞれ対立するデータとなっており、投資家を悩ませています。ただ、イエレン議長のことが書かれた書籍を読むと、あるヒントが浮かび上がってきました。 [続きを読む]

7月下旬に5年半ぶりの安値となった金価格。これは米国利上げ観測を材料にしたファンドの売り攻勢によりもたらされたものだった。しかし、米国の利上げが先送りされる中で、底打ちの可能性が指摘され始めている。 [続きを読む]

世界経済の先行き不透明感はますます強まっており、9月の外国株も軟調な相場が続いた。中国当局は景気と株価を支える政策を少しずつ打ち出しているが、どれほど効果が表れるのか注目したいところだ。 [続きを読む]

第36味インド
プラス7.5%成長で中国を抜いたインド。でも、カラクリが… [続きを読む]

昨年の追加金融緩和以降、年初に原油安という材料が加わったことで日本の株式市場は今世紀の最高値を更新。しかし、庶民が感じる景気回復とは遠いものがある。 [続きを読む]


今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

1【6542】
FCホールディングス
2【3022】
山下医科器械
3【3758】
アエリア
4【1301】
極洋
5【2425】
ケアサービス
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索