記事一覧

話題のNISAがついにスタートした。投資信託なら100万円の非課税枠ピッタリまで買えるが、どんな商品を組み合わせるのがベストなのか?25人の専門家のチョイスを一挙公開!

[続きを読む]

国内債券は大きく「公共債」と「民間債」に分かれる。民間債の代表が普通社債で、公共債は国債と地方債などだ。

[続きを読む]

発行額は多かったが、利率の低かった2013年の社債発行状況。これに対し、2014年は発行件数がさらに増えるうえに、利率条件も個人投資家に有利に働きそうだ!

[続きを読む]

発行額は多かったが、利率の低かった2013年の社債発行状況。これに対し、2014年は発行件数がさらに増えるうえに、利率条件も個人投資家に有利に働きそうだ!

[続きを読む]

話題のNISAがついにスタートした。投資信託なら100万円の非課税枠ピッタリまで買えるが、どんな商品を組み合わせるのがベストなのか?25人の専門家のチョイスを一挙公開!

[続きを読む]

株式相場の値動きが激しい中、長期金利に対する先高観と投資家への裾野を広げたい企業の間で、個人向け社債の発行意欲が高まりつつある。一方、個人投資家は社債を選択肢のひとつと考えているようだ。運用先としての社債への関心を高めている。

[続きを読む]

安全商品のイメージが強い個人向け社債だが、過去には元本が個人投資家に戻らなかった事例もある。金利先高観のある今、購入時に注意すべき点がいくつかあるので押さえておこう。

[続きを読む]

企業が個人向け債券(社債)の発行を増やしている。2013年の国内での発行額は約8兆5000億円(2013年12月13日現在。発行日ベース)。債券投資に慎重な機関投資家に代わって、個人マネーに目が向いたからだ。なかには銀行の定期預金をはるかに上回る30倍もの利率が付く社債も。銀行預金や国債よりも利回りが高く、資金運用を求める個人の投資ニーズにも合致する社債だが、2014年も続々と起債が予定されそうだ。どんな債券を選べばいいのか、プロに聞いた。

[続きを読む]

話題のNISAがついにスタートした。投資信託なら100万円の非課税枠ピッタリまで買えるが、どんな商品を組み合わせるのがベストなのか?25人の専門家のチョイスを一挙公開!

[続きを読む]


今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

1【3912】
モバイルファクトリー
2【3981】
ビーグリー
3【3661】
エムアップ
4【3807】
フィスコ
5【6753】
シャープ

売りたい株

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索