記事一覧

初心者は500円から積立できる
ひふみプラスがおすすめ

この4月から、ジュニアNISA口座の取引が開始されました。そこで、投資の中・上級者である40代のお父さまと初心者のお子さま向けに選定しました。
お父様には定年後の生活を見据え、長期保有を前提に継続コストに着目、ETF(上場投資信託)を通じて世界のREIT(不動産投資信託)に投資をしている「EXE-iグローバルREITファンド」。
初心者のお子さまは、一般NISAへの移行のタイミングで学資に充当すること、また中期的な運用を前提に、実績が優秀なファンドから「ひふみプラス」を選びました。国内外の株式を運用対象としているファンドで、運用マネジャーの調査・分析にしっかりとしたポリシーがあり、投資をしながら経済感覚を磨ける効果も期待できます。
アクティブ型のファンドですが、信託報酬は上限1・0584%と低く、積立額が500円からというのも、初心者向けのポイントです。
ただ、「親子でNISA」を活用する場合、開設口座は同じ証券会社であることなど、制約もありますので、ご注意ください。



教えてくれたのは
楠本充美さん
KSMT不動産
コンサルティング
代表

軒並み好調だった3月から一転して、4月は国・地域ごとにまちまちの展開となった外国株相場。国内政治情勢の変化とともに、ブラジル株相場は急上昇。今月も注目の外国株の最新情報を盛りだくさんにお届けします! [続きを読む]

中国など新興国の低迷が避けられない中で、不透明さを増す世界経済。さすがの米国も利上げには重姿勢を示さざるをえなくなった。米国の利上げ幅の見通しが下方修正されたことで上昇した金だが、日本国内には金の買いを促す独自要因がある。 [続きを読む]

年始以降上昇してきた金価格。買いの背景となった3月の米国の利上げが見送りとなり、目先の材料は出尽くし、年始からの第一幕は終了した。一方、その後も続いた金ETFの記録的な残高増は、果たして先高を暗示するものなのか。 [続きを読む]

ようやく年初の混迷をくぐり抜け、回復軌道に乗り始めたと思った矢先、再び雲行きが怪しくなってきた世界の株式市場。今後はどのような値動きとなるのか? 今月も注目の外国株の最新情報をお届けします! [続きを読む]

SOURCE②日本株
ブーム化する自社株の消却。
ROE&PBR向上で株価激変
[続きを読む]


今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

1【3912】
モバイルファクトリー
2【3981】
ビーグリー
3【3661】
エムアップ
4【3807】
フィスコ
5【6753】
シャープ

売りたい株

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索