記事一覧

シャドーバンキング問題に端を発して、デフォルト懸念が高まっている中国。そんな中、国内需要が急増しているのが金である。この背景には、金融不安により安全志向へと走る投資家たちの思惑が深く関係していると見られる。

[続きを読む]

2014年の金価格を占う要因のひとつは、中国など新興国の需要動向だ。2013年は金ETF(上場投信)の残高が大きく落ち込む一方で、新興国を中心に金地金や金貨の需要が大きく伸び、金価格を支える要素となったが…。

[続きを読む]

2013年11月21日、米国上院銀行委員会はFRB(連邦準備制度理事会)のイエレン副議長を次期議長に指名することを承認した。今後のイエレン体制下におけるFRBが金市場に与える影響について考えてみよう。

[続きを読む]

米国財政協議が危機回避で合意に達し、米国政府の資金繰りの行きづまりはひとまず回避されることになった。政治的混乱はFRBの政策運営に影響を与え、ひいては金価格の行方を左右する要因となる。

[続きを読む]

金融政策の転機とされていた9月のFOMCでは、緩和縮小の見送りというサプライズが待っていた。金相場は急騰したが、思わぬ物議を醸すことに。これには、なんと「1000分の1秒」という単位が深く関わっていた。
[続きを読む]

大幅な下落に見舞われた上半期の金価格。金ETFが記録的な減少を見せる一方で、金地金などの現物買いは四半期ベースで最高に。背景には、ヘッジファンドも想像していなかった買い手の存在があった。

[続きを読む]

一時は1200ドルを割ったニューヨークCOMEXの金先物相場だが、7月下旬には1300ドル台を回復。この背景には、ファンドによる大量の売り建てを買い戻す動きとFRBのバーナンキ議長の発言が複雑に絡んでいた。

[続きを読む]

ドル建て金価格が節目となる価格を下回り、下げの勢いが増している。背景には6月下旬のFOMC後のバーナンキ議長の発言やファンドによる「ショート」の積み増し、そして、プログラムによる売買が下げ相場を推し進めている。

[続きを読む]

4月中旬に200ドル超の下げに見舞われた金市場。急落で起きたのはインドを中心としたアジアでの現物買いの沸騰だった。だが、その直前の3月には中国の輸入が激増。1~3月期の需要量は中国がインドを上回りトップだった。

[続きを読む]

然したる理由もなく200ドル以上もの急落に見舞われた金市場。それは市場の環境変化を表したものなのか。だが、主要中央銀行の金融緩和によるバラマキ策は続いている。そして、この急落でアジアやインドの現物受給も増加中だ。

[続きを読む]


注目キーワード

新着特集記事

最新号絶賛発売中

2017年6月号
3632銘柄の適正株価/2倍高狙いの中小型株100

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

1【7970】
信越ポリマー
2【6548】
旅工房
3【6327】
北川精機
4【2330】
フォーサイド
5【3606】
レナウン

売りたい株

1【6208】
石川製作所
2【6178】
日本郵政
3【2330】
フォーサイド
4【4274】
細谷火工
5【1934】
ユアテック
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索