記事一覧
8日の日経平均は先週末比184.71円高の17,004.3円、高値は17,099.01円、安値は16,552.30円。東証1部の出来高は27億3803万株、売買代金は2兆5991億円、値上がり銘柄数は1464銘柄、値下がり銘柄数は407銘柄、変わらずは65銘柄。日経平均は5日営業日ぶり反発。

前場の日経平均は5日続落。先週末の1月雇用統計を受け、邦準備理事会(FRB)の追加利上げ観測が再燃し欧米株安。また、北朝鮮のミサイル発射問題を受けての地政学的リスクの高まりを警戒した動きもあり朝方から売りが先行。寄り付き直後に一時267円安を付ける場面もあったが、1ドル=116円台だった為替相場が、117円台前半まで円安方向に振れたことをきっかけに押し目買い、買い戻しが入り急速に下げ幅を縮小。その後プラス圏に浮上し、一時1万6850円(先週末比31円高)まで上昇する場面もあった。

後場の日経平均は再びプラス転換。ドル・円の上昇を支えに先物主導で買い優勢となり、主力株中心に買い直され日経平均は1万7000円台を回復。午後2時30分には、本日の高値となる1万70999円01銭(前週末比279円42銭高)まで上昇。引けにかけやや売り物に押されるも1万7000円台は維持した。

東証33業種では、パルプ・紙、建設業、情報・通信業、海運業、化学が値上がりした。一方、ガラス土石製品、非鉄金属、証券商品先物、石油石炭製品、精密機器が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはクックパッド(2193)、2位はさくらインターネット(3778)、3位は六甲バター(5015)。一方、値下がり率トップはレオン自動機(6272)、2位はDOWAホールディングス(5714)、3位は日本電子材料(6855)。
8日前場の日経平均終値は、先週末比29.01円安の16,790.58円

前場の日経平均は5日続落。先週末の1月雇用統計を受け、邦準備理事会(FRB)の追加利上げ観測が再燃し欧米株安。また、北朝鮮のミサイル発射問題を受けての地政学的リスクの高まりを警戒した動きもあり朝方から売りが先行。寄り付き直後に一時267円安を付ける場面もあったが、1ドル=116円台だった為替相場が、117円台前半まで円安方向に振れたことをきっかけに押し目買い、買い戻しが入り急速に下げ幅を縮小。その後プラス圏に浮上し、一時1万6850円(先週末比31円高)まで上昇する場面もあった。
5日の日経平均は前日比225.4円安の16,819.59円、高値は16,893.12円、安値は16,627.80円。東証1部の出来高は33億8965万株、売買代金は2兆8946億円、値上がり銘柄数は359銘柄、値下がり銘柄数は1515銘柄、変わらずは62銘柄。日経平均は4日続落。

前場の日経平均は4日続落し、節目の1万7000円を割り込む。前日の米市場は上昇も1ドル=116円台まで円高・ドル安が進行したほか、輸出関連企業の業績悪化懸念が広がり朝方から売り優勢の展開。売り一巡後は押し目買いに下げ渋る場面もあったが、今晩の米雇用統計を控えてることもあり戻りは限定的となった。

後場の日経平均は一時安値更新もその後下げ幅を縮小。円高・ドル安を嫌気する動きから後場開始直後からも売りが優勢となったほか、今晩の米雇用統計を控えの手仕舞い売りも重なり午後13時12分には、本日の安値となる1万6627円80銭(前日比417円19銭安)を付けた。その後は円高・ドル安の流れが一服、やや円安に振れたことから終盤にかけて急速に下げ幅を縮小した。

東証33業種では、石油石炭製品、精密機器、海運業、非鉄金属、卸売業が値上がりした。一方、不動産業、その他金融業、証券商品先物、銀行業、保険業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはグリー(3632)、2位はヤマハ(7951)、3位はビーピー・カストロール(5015)。一方、値下がり率トップはサ三信電気(8150)、2位アイスタイル(3660)、3位デンカ(4061)。
5日前場の日経平均終値は、前日比253.43円安の16,791.56円

前場の日経平均は4日続落し、節目の1万7000円を割り込む。前日の米市場は上昇も1ドル=116円台まで円高・ドル安が進行したほか、輸出関連企業の業績悪化懸念が広がり朝方から売り優勢の展開。売り一巡後は押し目買いに下げ渋る場面もあったが、今晩の米雇用統計を控えてることもあり戻りは限定的となった。
4日の日経平均は前日比146.26円安の17,044.99円、高値は17,209.56円、安値は16,941.88円。東証1部の出来高は31億2841万株、売買代金は2兆8587億円、値上がり銘柄数は322銘柄、値下がり銘柄数は1541銘柄、変わらずは72銘柄。日経平均は3日続落。

前場の日経平均は3日続落。前日の米市場が上昇も、為替が円高・ドル安に動いたため売り先行のスタート。その後も売りに押され一時は節目の1万7000円台を割れ、前日比249円37銭安の1万6941円83銭安を付ける場面もあったが、海総合指数が反発したことなどからやや下げ幅を縮小。ただ、戻りは弱く一巡後は1万7100円を挟んでのもみ合いとなった。

後場の日経平均は一時プラス圏に浮上も上値重く再びマイナス圏へ。後場に入り押し目買いが入り下げ渋り、その後は一時プラス転換する場面もあったが企業業績への先行き不安や原油価格の不透明感、米1月雇用統計の発表なども控えており、積極的な上値追いはならず。手控え感から上値は重く再びマイナス圏に沈んだ。終値は日銀がマイナス金利導入を決定した1月29日の水準を下回る水準に。

東証33業種では、非鉄金属、鉱業、パルプ・紙、石油石炭製品、鉄鋼が値上がりした。一方、小売業、水産・農林業、保険業、医薬品、ゴム製品が値下がりした。個別では、東証1部の値上が率トップはシャープ(6753)、2位は大陽日酸(4091)、3位はミツバ(7280)。一方、値下がり率トップはサイバネットシステム(4312)、2位ダイヘン(6622)、3位KLab(3656)。
4日前場の日経平均終値は、前日比121.29円安の17,069.96円

前場の日経平均は3日続落。前日の米市場が上昇も、為替が円高・ドル安に動いたため売り先行のスタート。その後も売りに押され一時は節目の1万7000円台を割れ、前日比249円37銭安の1万6941円83銭安を付ける場面もあったが、海総合指数が反発したことなどからやや下げ幅を縮小。ただ、戻りは弱く一巡後は1万7100円を挟んでのもみ合いとなっている。
3日の日経平均は前日比559.43円安の17,191.25円、高値は17,515.68円、安値は17,080.57円。東証1部の出来高は31億382万株、売買代金は3兆1396億円、値上がり銘柄数は164銘柄、値下がり銘柄数は1735銘柄、変わらずは36銘柄。日経平均は2日続落。

前場の日経平均は大幅続落。原油安を背景にした米株安や円高を受けリスク回避ムード。朝方売り先行となるとその後も先物主導で下げ幅を拡大し、午前10時37分には1万7087円57銭(前日比670円11銭安)を付け、その後はやや切り返すも戻り限定的となっている。

後場の日経平均は再び弱含み。欧米原油安や円相場の上昇を嫌気された流れを後場も引き継ぎ売り先行でスタート。中盤以降は原油相場がやや持ち直したことを受け、押し目買いや買い戻しが入り下げ幅を縮める場面もあったが、大引けにかけては再度売り直される展開となった。

東証33業種では、32業種が下落し値上がりは石油石炭製品の1業種のみ。値下がり率上位には、証券商品先物、鉄鋼、機械、輸送用機器、非鉄金属などが並んだ。個別では、東証1部の値上が率トップはブイキューブ(3681)、2位はレンゴー(3941)、3位はジーエス・ユアサ コーポレーション(6674)。一方、値下がり率トップはIHI(7013)、2位カシオ計算機(6952)、3位フジミインコーポレーテツド(5384)。
3日前場の日経平均終値は、前日比556.51円安の17194.17円

前場の日経平均は続落。原油安を背景にした米株安や円高を受けリスク回避ムード。朝方売り先行となるとその後も先物主導で下げ幅を拡大し、午前10時37分には1万7087円57銭(前日比670円11銭安)を付け、その後はやや切り返すも戻りは限定的となっている。
2日の日経平均は前日比114.55円安の17,750.68円、高値は17,864.70円、安値は17,684.66円。東証1部の出来高は27億7148万株、売買代金は2兆9464億円、値上がり銘柄数は606銘柄、値下がり銘柄数は1446銘柄、変わらずは83銘柄。日経平均は3日ぶり反落。

前場の日経平均は3日ぶり反落。前日の米市場が原油価格の下落を嫌気し反落し、この流れを引き継ぎに売り先行からのスタート。ただ、一巡後は押し目買いが入り下げ幅を縮小。中盤にかけては1万7800円台を挟んでのもみ合いが続いたが、前場終盤にかけては先高期待などから買いが入り再び下げ幅を縮小する動きが強まった。

後場の日経平均は再び弱含み。直近の株価上昇の反動からの利益確定売り、原油価格先物の軟調な動きなどが重しとなり後場は再び弱含みの展開となった。また、本格化する企業決算を見極めたいとする動きなどから積極的な買いが手控えられ、午後14時31分には166円安を付けた。その後大引けかけ買いが入るも戻りは限定的だった。

東証33業種では、医薬品、水産・農林業、精密機器、電気・ガス業、小売業が値上がりした。一方、鉄鋼、鉱業、非鉄金属、不動産業が値下がりした。個別では、東証1部の値上が率トップはイーレックス(9517)、2位はレーザーテック(6920)、3位は東天紅(8181)。一方、値下がり率トップはNOK(7240)、2位イーグル工業(6486)、3位東ソー(4042)。
2日前場の日経平均終値は、前日比53銭安の17,864.7円

前場の日経平均は3日ぶり反落。前日の米市場が原油価格の下落を嫌気し反落し、この流れを引き継ぎに売り先行からのスタート。ただ、一巡後は押し目買いが入り下げ幅を縮小。中盤にかけては1万7800円台を挟んでのもみ合いが続いたが、前場終盤にかけては先高期待などから買いが入り再び下げ幅を縮小する動きが強まった。

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

1【3323】
レカム
2【3331】
雑貨屋ブルドッグ
3【2193】
クックパッド
4【3823】
アクロディア
5【6836】
ぷらっとホーム
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

みんなの外為ブログパーツ

株価検索

株価検索

フィスコプレイス 銘柄カルテ

産経ニュース