記事一覧
29日前場の日経平均終値は、前日比233.78円高の16,699.18円

前場の日経平均は大幅反発。石油輸出国機構(OPEC)の臨時総会で予想外の減産合意となったことで原油市況が急上昇、欧米株高から日経平均も朝方から買いが先行、OPEC減産合意に伴う原油価格の上昇を背景に資源関連株が急反発となった。午前10時51分には前場高値1万6727円31銭(前日比261円91銭高)まで上げ幅を拡大し、その後も本日高値圏での推移となっている。
28日の日経平均は前日比218.53円安の16,465.4円、高値は16,515.84円、安値は16,385.03円。東証1部の出来高は16億4382万株、売買代金は1兆8211億円、値上がり銘柄数556銘柄、値下がり銘柄数は1223銘柄、変わらず101銘柄。日経平均は大幅反落。

前場の日経平均は大幅反落。前日の米株上昇も9月末配当の権利落ち日の影響、円相場の高止まりを受けて売りが先行。その後も戻りは鈍くじりじりと下値を切り下げる展開。また、米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長が「大幅な利上げを望んでいない」との発言が円高要因の一つとなった。

後場の日経平均は下げ幅を縮小。寄り付きは売りが先行。その後は外部環境の不透明感、円高への警戒感から様子見ムードとなりもみ合い。終盤にかけて下げ渋ったが戻りは限定的。物色は個人主体の中小型株に投資家の資金が集まった。

東証33業種では、水産・農林業、ゴム製品、食料品が値上がりした。一方、証券商品先物、保険業、銀行業、その他金融業、海運業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはコア(2354)、2位はコカ・コーラウエスト(2579)、3位は神戸物産(3038)。一方、値下がり率トップはキムラタン(8107)、2位はヤーマン(6630)、3位はSHOEI(7839)
28日前場の日経平均終値は、前日比257.32円安の16,426.61円

前場の日経平均は大幅反落。前日の米株上昇も9月末配当の権利落ち日の影響、円相場の高止まりを受けて売りが先行。その後も戻りは鈍くじりじりと下値を切り下げる展開。また、米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長が「大幅な利上げを望んでいない」との発言が円高要因の一つとなっている。
27日の日経平均は前日比139.37円高の16,683.93円、高値は16,683.93円、安値は16,285.41円。東証1部の出来高は22億3921万株、売買代金は2兆2946億円、値上がり銘柄数1557銘柄、値下がり銘柄数は315銘柄、変わらず105銘柄。日経平均は反発。

前場の日経平均は3日続落。前日の欧米株安を嫌気する動きから売りが先行し、一時は1万6285円41銭(前日比259円15銭安)のまで下げ幅を拡大。米司法省から巨額の和解金支払いを求められているドイツ銀行株が急落し、銀行株の下げなどが重しとなった。売り一巡後は為替相場、円高一服で買い戻しが入り急速に下げ幅を縮小した。

後場の日経平均はプラス転換。米大統領選でクリントン候補とトランプ候補のテレビ討論会でクリント氏優勢の一部報道から米先物が上昇を好感。また、配当落ち分の再投資もあってプラス圏に切り返すとその後も堅調に推移。大引けにかけては上げ幅を拡大させ高値引けとなった。

東証33業種では、鉱業、非鉄金属、石油石炭製品、水産・農林業、電気・ガス業が値上がりした。一方、銀行業、証券商品先物が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはさが美(8201)、2位は富士機工(7260)、3位はゴルフダイジェスト・オンライン(3319)。一方、値下がり率トップはだいこう証券ビジネス(8692)、2位はヤーマン(6630)、3位は足利ホールディングス(7167)
27日前場の日経平均終値は、前日比54.15円安の16,490.41円

前場の日経平均は3日続落。前日の欧米株安を嫌気する動きから売りが先行し、一時は1万6285円41銭(前日比259円15銭安)のまで下げ幅を拡大。米司法省から巨額の和解金支払いを求められているドイツ銀行株が急落し、銀行株の下げなどが重しとなった。売り一巡後は為替相場、円高一服で買い戻しが入り急速に下げ幅を縮小した。
26日の日経平均は先週末比209.46円安の16,544.56円、高値は16,707.45円、安値は16,514.93円。東証1部の出来高は15億2635万株、売買代金は1兆6944億円、値上がり銘柄数527銘柄、値下がり銘柄数は1326銘柄、変わらず124銘柄。日経平均は大幅続落。

前場の日経平均は続落。先週末の欧米株安を嫌気する動きから売りが先行。買い材料が乏しいなか、円相場が1ドル100円台後半と強含んでいることも投資家心理を悪化させた。午前11時16分には前場の安値1万6601円83銭(前週末比152円19銭安)まで下げ幅を拡大、売り一巡後も戻りは限定的となっている。

後場の日経平均は一段安。後場の寄り付きこそは日銀によるETF(上場投資信託)買い期待など背景に買いが先行したものの勢いは続かず。買い一巡後は再び軟化、下げ幅を拡大すると午後14時55分には、本日の安値となる1万6514円93銭(先週末比239円09銭安)まで下落し、ほぼ安値引け。先行きの円高懸念のほか、黒田日銀総裁の講演で「追加緩和の手段はマイナス深掘りと長期金利目標引き下げが中心」などと発言内容も銀行株にはマイナス要因の一つとなった。

東証33業種では、医薬品、繊維製品が値上がりした。一方、保険業、鉱業、空運業、海運業、銀行業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはさが美(8201)、2位はリニカル(2183)、3位は虹技(5603)。一方、値下がり率トップはジャパンディスプレイ(6740)、2位はTDK(6762)、3位はT&Dホールディングス(8795)
26日前場の日経平均終値は、先週末比141.45円安の16,612.57円

前場の日経平均は反落。先週末の欧米株安を嫌気する動きから売りが先行。買い材料が乏しいなか、円相場が1ドル100円台後半と強含んでいることも投資家心理を悪化させた。午前11時16分には前場の安値1万6601円83銭(前週末比152円19銭安)まで下げ幅を拡大、売り一巡後も戻りは限定的となっている。
23日の日経平均は前日比53.6円安の16,754.02円、高値は16,808.59円、安値は16,725.53円。東証1部の出来高は19億6332万株、売買代金は2兆2327億円、値上がり銘柄数1246銘柄、値下がり銘柄数は596銘柄、変わらず135銘柄。日経平均は小反落。

前場の日経平均は小反落。前日の米市場は、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを見送ったことから今後の米利上げは緩やかなペースになるとの安心感が広がり上昇。ただ、一時1ドル=100円台に進んだ円高を嫌気して日経平均は売りが先行、一巡後は円高が一服から下げ幅を縮小し、小安い水準でのもみ合い。日米イベント通過も終末要因、来週の臨時国会の前とあって様子見ムードも強い。

後場の日経平均は小幅安水準でのもみ合い。寄り付きはやや売りが先行。その後は日米の重要イベントを通過も手掛かり材料に乏しく、週末要因も意識されて積極的な買いは入らずもみ合いが続いたが、終盤にかけては為替が円高方向に振れたことからやや弱含みの展開となった。円高警戒感があったなか主力は見送り傾向が強く、中小型のテーマ株、材料株などが人気を集めた。

東証33業種では、鉱業、海運業、建設業、情報・通信業、卸売業が値上がりした。一方、証券商品先物、輸送用機器、保険業、銀行業、不動産業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはキムラタン(8107)、2位はジェイエイシーリクルートメント(2124)、3位はメガチツプス(6875)。一方、値下がり率トップは松井証券(8628)、2位はホシデン(6804)、3位は中国工業(5974)
23日前場の日経平均終値は、前日比20.73円安の16,786.89円

前場の日経平均は小反落。前日の米市場は、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを見送ったことから今後の米利上げは緩やかなペースになるとの安心感が広がり上昇。ただ、一時1ドル=100円台に進んだ円高を嫌気して日経平均は売りが先行、一巡後は円高が一服から下げ幅を縮小し、小安い水準でのもみ合い。日米イベント通過も終末要因、来週の臨時国会の前とあって様子見ムードも強い。
21日の日経平均は前日比315.47円高の16,807.62円、高値は16,823.63円、安値は16,399.65円。東証1部の出来高は25億8902万株、売買代金は2兆7152億円、値上がり銘柄数1837銘柄、値下がり銘柄数は108銘柄、変わらず32銘柄。日経平均は大幅反発。

前場の日経平均は続落。前日の米国市場は小幅上昇もほぼ材料視されず売りが先行。日銀金融政策決定会合の結果発表を前に手掛かり材料難、結果を見極めたいとの思惑など、積極的な売買は手控えられ様子見ムードからやや利益確定売りに押された。

後場の日経平均はプラス転換。日銀金融政策決定会合の結果出ない中で後場の寄り付きは買いが先行しプラス転換。その後の決定会合の結果で「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を発表すると銀行株などの金融セクターが軒並み急伸したほか、為替がドル高・円安方向に振れ輸出株などにも買い戻しが入った。午後14時59分には本日の高値となる1万6823円63銭(前日比331円48銭高)まで上げ幅を拡大、全面高商状となった。

東証33業種では、全33業種に全てが上昇し、銀行業、保険業、証券商品先物、海運業、その他金融業などが上昇率上位となった。個別では、東証1部の値上がり率トップはクスリのアオキ(3398)、2位は神戸物産(3038)、3位は山梨中央銀行(8360)。一方、値下がり率トップはソフトブレーン(4779)、2位はオルトプラス(3672)、3位はグリー(3632)

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索