記事一覧
2日の日経平均は先週末比518.67円安の16,147.38円、高値は16,357.10円、安値は15,975.47円。東証1部の出来高は24億9517万株、売買代金は2兆6239億円、値上がり銘柄数168銘柄、値下がり銘柄数は1758銘柄、変わらず24銘柄。日経平均は5日続落。

前場の日経平均は5営業日続落。為替市場で急速な円高・ドル安を嫌気されたほか、週末の欧米株安を背景にほぼ全面安スタート。寄り付き後の午前9時11分には1万5975円47銭(前週末比690円58銭安)まで下落した。売り一巡後は円高一服から下げ渋ったものの、明日から再度連休入ることもあり積極的な押し目買いは入り難く戻りは鈍い。先週末から円相場は1ドル=106円前半まで上昇し、今期の想定為替レートを1ドル=110円で出す企業が多く、現状の水準では収益悪化の懸念が大きいとの指摘も多数聞かれる状況となっている。

後場の日経平均は下げ幅を縮小。約1年半ぶりに1ドル=106円台前半までドル安・円高が進行、主力の輸出企業を中心に売りが広がった。朝の寄り付き後早々に1万5900円台で安値をつけた後は下げ渋る動きとなったが、明日から再び連休入りする事や、週末6日に米4月雇用統計を控えていることもあり戻りは限定的となった。

東証33業種では、33業種全てが値下がりし、海運業、ガラス土石製品、電気機器、輸送用機器、証券商品先物などが値下がり率上位となった。個別では、東証1部の値上がり率トップはファインデックス(3649)、2位はステラ ケミファ(4109)、3位はネクシィーズグループ(4346)。一方、値下がり率トップはトプコン(7732)、2位は日本電気硝子(5214)、3位はフォスター電機(6794)。
2日前場の日経平均終値は、前日比604.03円安の16,062.02円

前場の日経平均は5営業日続落。為替市場で急速な円高・ドル安を嫌気されたほか、週末の欧米株安を背景にほぼ全面安スタート。寄り付き後の午前9時11分には1万5975円47銭(前週末比690円58銭安)まで下落した。売り一巡後は円高一服から下げ渋ったものの、明日から再度連休入ることもあり積極的な押し目買いは入り難く戻りは鈍い。先週末から円相場は1ドル=106円前半まで上昇し、今期の想定為替レートを1ドル=110円で出す企業が多く、現状の水準では収益悪化の懸念が大きいとの指摘も多数聞かれる状況となっている。
28日の日経平均は前日比62.79円安の16,666.05円、高値は17,572.27円、安値は16,652.74円。東証1部の出来高は31億5932万株、売買代金は3兆1868億円、値上がり銘柄数228銘柄、値下がり銘柄数は1681銘柄、変わらず41銘柄。日経平均は4日続落。

前場の日経平均は大幅反発。FOMCの結果を受けた米市場の上昇を好感し、日経平均は買いが先行。その後も堅調に推移し、日経平均は一時281円78銭高の1万7572円27銭まで上げ幅を拡大させた。買い一巡後は、日銀金融政策決定会合の結果見極めの動きから高値圏でのもみ合い。追加緩和期待などが支援になった。

後場の日経平均は日銀の金融政策決定会合の結果公表から急落。日銀は金融政策の現状維持を決定したと発表。追加緩和見送りによる失望感や連休(GW)を前にしたポジション調整の売りが重なり、午後14時43分には本日の安値となる1万6652円74銭(前日比637円52銭安)まで下げ幅を広げた。1ドル=108円台までドル安・円高が進行したことから、今後企業業績への警戒感も改めて強まりそうだ。

東証33業種では、33業種全てが値下がりし、証券商品先物、銀行業、保険業、海運業、鉄鋼などが値下がり率上位となった。個別では、東証1部の値上がり率トップはカワチ薬品(2664)、2位は日本航空電子工業(6807)、3位は富士電機(6504)。一方、値下がり率トップはデクセリアルズ(4908)、2位は日野自動車(7205)、3位はフィールズ(2767)。
28日の日経平均は前日比62.79円安の16,666.05円、高値は17,572.27円、安値は16,652.74円。東証1部の出来高は31億5932万株、売買代金は3兆1868億円、値上がり銘柄数228銘柄、値下がり銘柄数は1681銘柄、変わらず41銘柄。日経平均は4日続落。

前場の日経平均は大幅反発。FOMCの結果を受けた米市場の上昇を好感し、日経平均は買いが先行。その後も堅調に推移し、日経平均は一時281円78銭高の1万7572円27銭まで上げ幅を拡大させた。買い一巡後は、日銀金融政策決定会合の結果見極めの動きから高値圏でのもみ合い。追加緩和期待などが支援になった。

後場の日経平均は日銀の金融政策決定会合の結果公表から急落。日銀は金融政策の現状維持を決定したと発表。追加緩和見送りによる失望感や連休(GW)を前にしたポジション調整の売りが重なり、午後14時43分には本日の安値となる1万6652円74銭(前日比637円52銭安)まで下げ幅を広げた。1ドル=108円台までドル安・円高が進行したことから、今後企業業績への警戒感も改めて強まりそうだ。

東証33業種では、33業種全てが値下がりし、証券商品先物、銀行業、保険業、海運業、鉄鋼などが値下がり率上位となった。個別では、東証1部の値上がり率トップはカワチ薬品(2664)、2位は日本航空電子工業(6807)、3位は富士電機(6504)。一方、値下がり率トップはデクセリアルズ(4908)、2位は日野自動車(7205)、3位はフィールズ(2767)。
28日前場の日経平均終値は、前日比243.32円高の17,533.81円

前場の日経平均は大幅反発。FOMCの結果を受けた米市場の上昇を好感し、日経平均は買いが先行。その後も堅調に推移し、日経平均は一時281円78銭高の1万7572円27銭まで上げ幅を拡大させた。買い一巡後は、日銀金融政策決定会合の結果見極めの動きから高値圏でのもみ合い。追加緩和期待などが支援になった。
28日前場の日経平均終値は、前日比243.32円高の17,533.81円

前場の日経平均は大幅反発。FOMCの結果を受けた米市場の上昇を好感し、日経平均は買いが先行。その後も堅調に推移し、日経平均は一時281円78銭高の1万7572円27銭まで上げ幅を拡大させた。買い一巡後は、日銀金融政策決定会合の結果見極めの動きから高値圏でのもみ合い。追加緩和期待などが支援になった。
27日の日経平均は前日比62.79円安の17,290.49円、高値は17,417.54円、安値は17,230.23円。東証1部の出来高は20億4047万株、売買代金は2兆2630億円、値上がり銘柄数840銘柄、値下がり銘柄数は978銘柄、変わらず134銘柄。日経平均は3日続落。

前場の日経平均は3日続落。原油高や為替相場の円安を背景に買い先行もその後はマイナス転換。米連邦公開市場委員会(FOMC)や金融政策決定会合の結果を見極めたいとするムードもあり、積極的な買いは手控えられた。また、米アップルの決算が市場予想を下回り、時間外取引で急落していることも重石となった。

後場の日経平均は下げ幅を縮小。前場に一時1万7230円23銭(前日比123円05銭安)まで下げたが、為替相場が1ドル=111円台の円安水準を支えに下値を売り込むような動きにもならず。米連邦公開市場委員会(FOMC)や金融政策決定会合を前に全般は見送り姿勢、積極的な売買は手控えられたが、やや下げ幅を縮小して本日の取引を終えた。

東証33業種では、水産・農林業、鉱業、食料品、ガラス土石製品、石油石炭製品が値上がりした。一方、陸運業、電気機器、鉄鋼、空運業、医薬品が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはマネースクウェアHD(8728)、2位はコカ・コーライーストジャパン(2580)、3位は大豊工業(6470)。一方、値下がり率トップはSMK(6798)、2位は三晃金属工業(1972)、3位は信越ポリマー(7970)。
27日の日経平均は前日比62.79円安の17,290.49円、高値は17,417.54円、安値は17,230.23円。東証1部の出来高は20億4047万株、売買代金は2兆2630億円、値上がり銘柄数840銘柄、値下がり銘柄数は978銘柄、変わらず134銘柄。日経平均は3日続落。

前場の日経平均は3日続落。原油高や為替相場の円安を背景に買い先行もその後はマイナス転換。米連邦公開市場委員会(FOMC)や金融政策決定会合の結果を見極めたいとするムードもあり、積極的な買いは手控えられた。また、米アップルの決算が市場予想を下回り、時間外取引で急落していることも重石となった。

後場の日経平均は下げ幅を縮小。前場に一時1万7230円23銭(前日比123円05銭安)まで下げたが、為替相場が1ドル=111円台の円安水準を支えに下値を売り込むような動きにもならず。米連邦公開市場委員会(FOMC)や金融政策決定会合を前に全般は見送り姿勢、積極的な売買は手控えられたが、やや下げ幅を縮小して本日の取引を終えた。

東証33業種では、水産・農林業、鉱業、食料品、ガラス土石製品、石油石炭製品が値上がりした。一方、陸運業、電気機器、鉄鋼、空運業、医薬品が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはマネースクウェアHD(8728)、2位はコカ・コーライーストジャパン(2580)、3位は大豊工業(6470)。一方、値下がり率トップはSMK(6798)、2位は三晃金属工業(1972)、3位は信越ポリマー(7970)。
27日前場の日経平均終値は、前日比100.27円安の17,253.01円

前場の日経平均は3日続落。原油高や為替相場の円安を背景に買い先行もその後はマイナス転換。米連邦公開市場委員会(FOMC)や金融政策決定会合の結果を見極めたいとするムードもあり、積極的な買いは手控えられた。また、米アップルの決算が市場予想を下回り、時間外取引で急落していることも重石となった。
27日前場の日経平均終値は、前日比100.27円安の17,253.01円

前場の日経平均は3日続落。原油高や為替相場の円安を背景に買い先行もその後はマイナス転換。米連邦公開市場委員会(FOMC)や金融政策決定会合の結果を見極めたいとするムードもあり、積極的な買いは手控えられた。また、米アップルの決算が市場予想を下回り、時間外取引で急落していることも重石となった。

注目キーワード

新着特集記事

最新号絶賛発売中

本誌
2016年6月号
マイナス金利の乗り切り方

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索