記事一覧
29日の日経平均は前日比35.27円安の15424.59円、高値は15447.81円、安値は15356.00円。東証1部の出来高は20億5937万株、売買代金は1兆8052億円、時価総額は455兆6291億円、値上がり銘柄数は694銘柄、値下がり銘柄数は949銘柄、変わらずは175銘柄。日経平均は小幅続落。

28日のNYダウは4日ぶりに反落し、前日比42.44ドル安の17079.57ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.27(2.29%)高の12.05だった。ロシアの部隊がウクライナ東部に侵入したと伝わったことが嫌気された。一方、4~6月期の実質GDP改定値が速報段階から上方修正されたことや、週間の新規失業保険申請件数が減少したことが下支え要因となった。

NY円相場は続伸し、前日比15銭円高・ドル安の1ドル=103円70~80銭で終えた。円は対ユーロで上昇し、前日比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=136円70~80銭で終えた。

NY原油相場は3日続伸した。WTI期近の10月物は前日比0.67ドル高の1バレル94.55ドルで終えた。NY金先物相場は反発した。12月物は前日比7.0ドル高の1トロイオンス1290.4ドルで終えた。

前場の日経平均は続落。前日の米国株安を受け、朝方は売りが先行した。日経平均の下げ幅は一時100円を超えた。先物が主導する形で徐々に下げ幅を広げた。

後場の日経平均も軟調に推移。週末であり月末のため、買い方の持ち高調整の売りが出続けた。その一方、下値では売り方のポジション調整の買戻しが入り、底堅い動きではあった。

東証33業種では、情報・通信、パルプ・紙、その他製品、精密機械、陸運、海運、空運、銀行、繊維製品、金属製品の10業種が値上がりした。一方、鉱業、不動産、非鉄金属、鉄鋼、建設、証券、商品先物、ゴム製品、保険などが値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはエス・サイエンス(5721)、2位は生化学工業(4548)、3位は古河電池(6937)。一方、値下がり率トップはアース製薬(4985)、2位は日本新薬(4516)、3位は福井コンピュータHLDS(9790)。
29日前場の日経平均は前日比94.78安の15365.08円、高値は15447.81円、安値は15356.00円。東証1部の出来高は12億7088万株、売買代金は9971億円、時価総額は455兆1362億円、値上がり銘柄数は523銘柄、値下がり銘柄数は1137銘柄、変わらずは157銘柄。日経平均は続落。

28日の米国株式市場では、NYダウは4日ぶりに反落し、前日比42.44ドル安の17079.57ドル、ナスダック総合株価指数は続落、同11.926ポイント安の4557.695ポイントだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.27(2.29%)高の12.05だった。ロシアの部隊がウクライナ東部に侵入したと伝わったことが嫌気された。一方、4~6月期の実質GDP改定値が速報段階から上方修正されたことや、週間の新規失業保険申請件数が減少したことが下支え要因となった。

NY円相場は続伸し、前日比15銭円高・ドル安の1ドル=103円70~80銭で終えた。円は対ユーロで上昇し、前日比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=136円70~80銭で終えた。

NY原油相場は3日続伸した。WTI期近の10月物は前日比0.67ドル高の1バレル94.55ドルで終えた。NY金先物相場は反発した。12月物は前日比7.0ドル高の1トロイオンス1290.4ドルで終えた。

前場の日経平均は続落。前日の米国株安を受け、朝方は売りが先行した。日経平均の下げ幅は一時100円を超えた。先物が主導する形で徐々に下げ幅を広げた。非鉄金属や鉱業、不動産などが軟調となった。

東証33業種では、情報・通信業、その他製品、陸運業、精密機器、空運業などが値上がりした。一方、不動産業、非鉄金属、鉱業、建設業、証券業、その他金融業、ゴム製品、鉄鋼、石油・石炭製品、水産・農林業などの業種が値下がりした。

個別では、東証1部の値上がり率トップはエスサイエンス(5721)、2位は生化学工業(4548)、3位は丸山製作所(6316)。一方、値下がり率トップは日本新薬(4516)、2位はアース製薬(4985)、3位はフェリシモ(3396)。
28日の米国株式市場では、NYダウは4日ぶりに反落し、前日比42.44ドル安の17079.57ドル、ナスダック総合株価指数は続落、同11.926ポイント安の4557.695ポイントだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.27(2.29%)高の12.05だった。ロシアの部隊がウクライナ東部に侵入したと伝わったことが嫌気された。一方、4~6月期の実質GDP改定値が速報段階から上方修正されたことや、週間の新規失業保険申請件数が減少したことが下支え要因となった。

NY円相場は続伸し、前日比15銭円高・ドル安の1ドル=103円70~80銭で終えた。円は対ユーロで上昇し、前日比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=136円70~80銭で終えた。

NY原油相場は3日続伸した。WTI期近の10月物は前日比0.67ドル高の1バレル94.55ドルで終えた。NY金先物相場は反発した。12月物は前日比7.0ドル高の1トロイオンス1290.4ドルで終えた。

シカゴ日経平均先物9月限(円建て)は15405円大証清算値比65円安だった。

米株が軟調で、円相場が円高気味に推移しているため、本日の日経平均は続落スタートの見通し。25日移動平均線(29日現在15399.22円)の攻防が予想される。一方、上値は5日移動平均線(同15533.66円)がレジスタンスとして機能しよう。想定レンジは15350円~15500円程度。

本日は週末であり月末だ。まず、証券自己の動きが鈍るだろう。また、個人も利益の乗っている銘柄に関しては、土日に何があるかわからないため、それを確定させる公算が大きい。このため、ここ最近上昇していた人気銘柄群への売り圧力が強まりそうだ。これはダイレクトに、地合い悪化に影響しそう。また、全体的に上値の重さが嫌気されるようだと、後場から手仕舞い売りが加速する可能性があり、警戒しておきたい。

(株式会社カブ知恵 代表取締役 藤井英敏)
28日の日経平均は前日比74.96円安の15459.86円、高値は15487.99円、安値は15423.90円。東証1部の出来高は20億3049万株、売買代金は1兆6316億円、時価総額は456兆5653億円、値上がり銘柄数は717銘柄、値下がり銘柄数は957銘柄、変わらずは144銘柄。日経平均は反落。

27日のNYダウは3日続伸し、前日比15.31ドル高の17122.01ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.15(1.29%)高の11.78だった。ティファニーなど四半期決算が堅調な銘柄に買いが入った。また、金利低下を受け、高配当銘柄も買われた。

NY円相場は上昇し、前日比15銭円高・ドル安の1ドル=103円85~95銭で終えた。円は対ユーロで横ばい。前日と同じの1ユーロ=137円00~10銭で終えた。

NY原油先物相場は続伸した。WTI期近の10月物は前日比0.02ドル高の1バレル93.88ドルで取引を終えた。NY金先物相場は反落した。12月物は前日比1.8ドル安の1トロイオンス1283.4ドルで終えた。

前場の日経平均は反落。NYダウは堅調だが、円相場が対ドルで円高気味のため、日経平均は上値の重い展開だった。5日移動平均線(28日前場現在15532.44円)がレジスタンスとして意識された。

後場の日経平均も軟調に推移。1ドル=103円台後半と前日より円高水準で推移したことが嫌気された。明日発表の7月の全国消費者物価指数、完全失業率、鉱工業生産指数速報などを見極めたいとのムードも強かった。

東証33業種では、医薬品、空運、パルプ・紙、石油・石炭製品、その他金融の5業種が値上がりした。一方、鉄鋼、ゴム製品、電気・ガス、海運、食料品、不動産、繊維製品、陸運、サービス、倉庫・運輸などが値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは生化学工業(4548)、2位は建設技術研究所(9621)、3位は植木組(1867)。一方、値下がり率トップは日本エンタープライズ(4829)、2位は東洋炭素(5310)、3位はランド(8918)。
28日前場の日経平均は前日比81.07円安の15453.75円、高値は15487.99円、安値は15423.90円。東証1部の出来高は10億3024万株、売買代金は7675億円、時価総額は456兆393億円、値上がり銘柄数は498銘柄、値下がり銘柄数は1137銘柄、変わらずは180銘柄。日経平均は反落。

27日のNYダウは3日続伸し、前日比15.31ドル高の17122.01ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.15(1.29%)高の11.78だった。ティファニーなど四半期決算が堅調な銘柄に買いが入った。また、金利低下を受け、高配当銘柄も買われた。

NY円相場は上昇し、前日比15銭円高・ドル安の1ドル=103円85~95銭で終えた。円は対ユーロで横ばい。前日と同じの1ユーロ=137円00~10銭で終えた。

NY原油先物相場は続伸した。WTI期近の10月物は前日比0.02ドル高の1バレル93.88ドルで取引を終えた。NY金先物相場は反落した。12月物は前日比1.8ドル安の1トロイオンス1283.4ドルで終えた。

前場の日経平均は反落。NYダウは堅調だが、円相場が対ドルで円高気味のため、日経平均は上値の重い展開だった。5日移動平均線(28日前場現在15532.44円)がレジスタンスとして意識された。

東証33業種では、パルプ・紙、石油・石炭製品、空運、その他金融の4業種が値上がりした。一方、不動産、電気・ガス、鉄鋼、ゴム製品、食料品、輸送用機器、陸運、鉱業、証券、商品先物などが値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本コンベヤ(6375)、2位は建設技術研究所(9621)、3位は植木組(1867)。一方、値下がり率トップは東洋炭素(5310)、2位はランド(8918)、3位は日本エンタープライズ(4829)。
27日の米国株式市場では、NYダウは3日続伸し、前日比15.31ドル高の17122.01ドル、S&P500種株価指数は同0.10ポイント高の2000.12ポイントと、連日で過去最高値を更新した。一方、ナスダック総合株価指数は5日ぶりに反落し、同1.016ポイント安の4569.621ポイントだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.15(1.29%)高の11.78だった。ティファニーなど四半期決算が堅調な銘柄に買いが入った。また、金利低下を受け、高配当銘柄も買われた。

NY円相場は上昇し、前日比15銭円高・ドル安の1ドル=103円85~95銭で終えた。円は対ユーロで横ばい。前日と同じの1ユーロ=137円00~10銭で終えた。

NY原油先物相場は続伸した。WTI期近の10月物は前日比0.02ドル高の1バレル93.88ドルで取引を終えた。NY金先物相場は反落した。12月物は前日比1.8ドル安の1トロイオンス1283.4ドルで終えた。

シカゴ日経平均先物9月物は15480円大証清算値比40円安だった。

ダウは堅調だが、円相場が対ドルで円高気味のため、本日の日経平均は上値の重い展開が予想される。だが、下値を売り叩く材料は特に見当たらない。このため底堅い動きは期待できる。想定レンジは15400円~15600円程度。25日移動平均線(28日現在15392.95円)がサポートし、5日移動平均線(同15558.93円)がレジスタンスとして機能しよう。

物色面では、JR東日本とJR西日本が27日、来年3月14日に北陸新幹線を開業すると発表したため、同関連銘柄が賑わいそう。なお、「小型株の動きを示す東証規模別株価指数「小型」は27日、終値で2291・38と年初来高値を更新し、2007年8月以来約7年ぶりの高値水準となった。」と伝わったように、小型株物色の傾向は継続する見通しだ。

(株式会社カブ知恵 代表取締役 藤井英敏)
27日の日経平均は前日比13.60円高の15534.82円、高値は15588.22円、安値は15465.99円。東証1部の出来高は20億5155万株、売買代金は1兆6235億円、時価総額は458兆5158億円、値上がり銘柄数は946銘柄、値下がり銘柄数は697銘柄、変わらずは170銘柄。日経平均は小幅反発。

26日のNYダウは続伸、前日比29.83ドル高の17106.70ドルだった。S&P500種株価指数は続伸し、同2.10ポイント高の2000.02ポイントと、初めて終値で2000ポイントの大台に乗せた。恐怖指数(VIX指数)は同0.07(0.60%)安の11.63だった。8月の米消費者信頼感指数は市場予想に反して改善し、6月のケース・シラー住宅価格指数も上昇した。これらが好感された。

NY円相場は横ばい。前日と同じ1ドル=104円00~10銭で取引を終えた。円は対ユーロで3日続伸し、前日比20銭円高・ユーロ安の1ユーロ=137円00~10銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は反発した。WTI期近の10月物は前日比0.51ドル高の1バレル93.86ドルで取引を終えた。NY金先物相場は反発した。12月物は前日比6.3ドル高の1トロイオンス1285.2ドルで取引を終えた。

前場の日経平均は小幅に反発。前日の米株高を好感した買いが入ったが、新たな手掛かりが乏しく、徐々に利益確定売りが増えた。そして、一時前日比マイナスに転じる場面があり、11時8分に15507.29円を付けた。だが、押し目買い意欲は強く、前引けにかけ小幅プラスに転じた。

後場の日経平均は12時49分に15465.99円の本日安値を付けた後、下げ渋り、プラス転換した。

東証33業種では、医薬品、海運、証券、商品先物、鉱業、保険、建設、金属製品、鉄鋼、非鉄金属などが値上がりした。一方、小売、陸運、その他製品、不動産、サービス、ゴム製品、食料品などが値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本コンベヤ(6375)、2位は芦森工業(3526)、3位は日本エム・ディ・エム(7600)。一方、値下がり率トップは福井コンピュータHLDS(9790)、2位はフィデアホール(8713)、3位はタキロン(4215)。

27日前場の日経平均は前日比4.73円高の15525.95円、高値は15588.22円、安値は15507.29円。東証1部の出来高は11億2292万株、売買代金は8082億円、時価総額は458兆1831億円、値上がり銘柄数は917銘柄、値下がり銘柄数は708銘柄、変わらずは182銘柄。日経平均は小幅反発。

26日のNYダウは続伸、前日比29.83ドル高の17106.70ドルだった。S&P500種株価指数は続伸し、同2.10ポイント高の2000.02ポイントと、初めて終値で2000ポイントの大台に乗せた。恐怖指数(VIX指数)は同0.07(0.60%)安の11.63だった。8月の米消費者信頼感指数は市場予想に反して改善し、6月のケース・シラー住宅価格指数も上昇した。これらが好感された。

NY円相場は横ばい。前日と同じ1ドル=104円00~10銭で取引を終えた。円は対ユーロで3日続伸し、前日比20銭円高・ユーロ安の1ユーロ=137円00~10銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は反発した。WTI期近の10月物は前日比0.51ドル高の1バレル93.86ドルで取引を終えた。NY金先物相場は反発した。12月物は前日比6.3ドル高の1トロイオンス1285.2ドルで取引を終えた。

前場の日経平均は小幅に反発。前日の米株高を好感した買いが入ったが、新たな手掛かりが乏しく、徐々に利益確定売りが増えた。そして、一時前日比マイナスに転じる場面があり、11時8分に15507.29円を付けた。だが、押し目買い意欲は強く、前引けにかけ小幅プラスに転じた。

東証33業種では、鉱業、建設、海運、証券、商品先物、保険、金属製品、パルプ・紙、医薬品、鉄鋼などが値上がりした。一方、陸運、小売、食料品、サービス、水産・農林、ゴム製品、不動産、情報・通信などが値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本コンベヤ(6375)、2位はアイスタイル(3660)、3位は芦森工業(3526)。一方、福井コンピュータHLDS(9790)、2位はナガイレーベン(7447)、3位はワッツ(2735)。
26日の米国株式市場では、NYダウは続伸、前日比29.83ドル高の17106.70ドル、ナスダック総合株価指数は4日続伸、同13.290ポイント高の4570.637ポイントと、2000年3月31日以来、約14年5カ月ぶりの高値を付けた。S&P500種株価指数は続伸し、同2.10ポイント高の2000.02ポイントと、初めて終値で2000ポイントの大台に乗せた。恐怖指数(VIX指数)は同0.07(0.60%)安の11.63だった。8月の米消費者信頼感指数は市場予想に反して改善し、6月のケース・シラー住宅価格指数も上昇した。これらが好感された。

NY円相場は横ばい。前日と同じ1ドル=104円00~10銭で取引を終えた。円は対ユーロで3日続伸し、前日比20銭円高・ユーロ安の1ユーロ=137円00~10銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は反発した。WTI期近の10月物は前日比0.51ドル高の1バレル93.86ドルで取引を終えた。NY金先物相場は反発した。12月物は前日比6.3ドル高の1トロイオンス1285.2ドルで取引を終えた。

シカゴ日経平均先物9月物は15545円大証清算値比15円高だった。

米株は堅調だが、円相場が膠着している。このため、日経平均は反発スタートしても、上値は重そう。一方、下値を売り叩く材料も見当たらないため、底堅い相場が見込まれる。想定レンジは15450円~15650円程度。基本は5日移動平均線(26日現在15542.86円)を中心にした「もみあい」をイメージしている。

物色面では、セメントを原料とするコンクリート二次製品の値上がりが広がっていると伝わり、建材関連が賑わいそう。また、ミクシィ(2121)の増し担保規制が解除されたため、同社株を中心にゲーム関連が買い戻される可能性があるとみている。そして、JR東海が26日、リニア中央新幹線の工事実施計画の認可を太田昭宏国土交通相に申請したことで、同関連にも引き続き資金が流入する可能性がありそうだ。

(株式会社カブ知恵 代表取締役 藤井英敏)
26日の日経平均は前日比92.03円安の15521.22円、高値は15613.34円、安値は15519.42円。東証1部の出来高は18億2362万株、売買代金は1兆5319億円、時価総額は458兆1869億円、値上がり銘柄数は577銘柄、値下がり銘柄数は1102銘柄、変わらずは139銘柄。日経平均は反落。

25日のNYダウは反発、前週末比75.65ドル高の17076.87ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.23(2.01%)高の11.70だった。前週末22日の年次経済シンポジウムでイエレンFRB議長が講演で金融政策に対し硬軟両方の姿勢を示したことや、ドラギECB総裁が同シンポジウムで、追加の金融緩和に踏み切る可能性に言及したことが好感されていた。

NY円相場は6日続落し、前週末比10銭円安・ドル高の1ドル=104円00~10銭で取引を終えた。円は対ユーロで続伸し、前週末比35銭円高・ユーロ安の1ユーロ=137円20~30銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は続落した。WTI期近の10月物は前週末比0.30ドル安の1バレル93.35ドルで取引を終えた。NY金先物相場は反落した。12月物は前週末比1.3ドル安の1トロイオンス1278.9ドルで終えた。

前場の日経平均は反落。米株は堅調だったが、対ドルでの円安がやや一服しており、日経平均の上値は重かった。高値警戒感から、取引開始直後から徐々に利益確定売りが優勢になった。26日にはウクライナのポロシェンコ大統領とロシアのプーチン大統領との会談が予定されており、この結果等を見極めたいとのムードが強かった。なお、東証マザーズ指数は4日続伸したが、日経ジャスダック平均株価は10日ぶりに反落した。また、東証2部指数も10日ぶりに反落した。

後場の日経平均は前引けよりも下げ幅をやや拡大。東京外国為替市場で円相場が1ドル=103円台後半に上昇したことも嫌気され、利益確定売りが、やや加速した。なお、東証マザーズ指数は4日ぶりに反落し、日経ジャスダック平均株価は小幅ながら10日ぶりに反落した。ただし、前場下落した東証2部指数は小幅ながら10日続伸した。

東証33業種では、建設、ガラス・土石、医薬品、鉱業、パルプ・紙の5業種が値上がりした。一方、陸運、小売、その他金融、情報・通信、不動産、鉄鋼、銀行、空運、その他製品などが値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは福井コンピュータHLDS(9790)、2位は内田洋行(8057)、3位は大和小田急建設(1834)。一方、値下がり率トップは日本エンタープライズ(4829)、2位はJVCケンウッド(6632)、3位はKLab(3656)。

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

為替チャート

オススメ証券会社

みんなの外為ブログパーツ

株価検索

株価検索

フィスコプレイス 銘柄カルテ

産経ニュース