【お詫びと訂正】
----------------------------------------------------
ネットマネー2014年12月号・33ページ掲載の ウェザーニューズの配当利回りに誤りがありました。
正しくは「2.03%」です。訂正してお詫びいたします。
----------------------------------------------------

記事一覧
19日の日経平均は前日比411.35円高の17621.40円、高値は大引け値、安値は17471.60円。東証1部の出来高は27億930万株、売買代金は2兆8846億円、時価総額は506兆3893億円、値上がり銘柄数は1575銘柄、値下がり銘柄数は200銘柄、変わらずは83銘柄。日経平均は大幅に3日続伸。

18日のNYダウは大幅続伸し、前日比421.28ドル高の17778.15ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同2.63(13.53%)安の16.81だった。ダウの上昇幅は11年11月30日以来、約3年ぶりの大きさとなった。FOMCでFRBが早期の利上げに慎重な姿勢を改めて示したことが引き続き好感された。

NY円相場は続落し、前日比20銭円安・ドル高の1ドル=118円80~90銭で終えた。一時119円31銭と11日以来1週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。円は対ユーロで反発し、前日比40銭円高・ユーロ安の1ユーロ=145円95銭~146円05銭で終えた。

NY原油先物相場は3日ぶりに反落。WTI期近の2015年1月物は前日比2.36ドル安の1バレル54.11ドルで終えた。NY金先物相場は続伸した。2月物は前日比0.3ドル高の1トロイオンス1194.8ドルで終えた。

米株の大幅続伸と1ドル=118円台後半の円安を受け、前場の日経平均は3日続伸し、テクニカル上のレジスタンスの25日移動平均線(19日前場現在17410.07円)はもちろん、心理的節目の17500円も回復した。

後場の日経平均は上げ幅を拡大して引けピン。外国為替市場での1ドル=119円台の円安が好感された。日銀は19日まで開いた金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決めたと発表したが、これは市場の想定通りで、影響はほぼ皆無だった。

東証33業種では、不動産、証券、商品先物、輸送用機器、銀行、その他金融、保険、ゴム製品、卸売、食料品、鉱業、鉄鋼などが値上がりした。一方、水産・農林の1業種が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは石塚硝子(5204)、2位はゲンキー(2772)、3位はセイコーHD(8050)。一方、値下がり率トップはマーベラス(7844)、2位はサニックス(4651)、3位はエコナックホールディングス(3521)。
19日前場の日経平均は前日比330.07円高の17540.12円、高値は17551.07円、安値は17471.60円。東証1部の出来高は12億5099万株、売買代金は1兆2514億円、時価総額は503兆6905億円、値上がり銘柄数は1483銘柄、値下がり銘柄数は264銘柄、変わらずは111銘柄。日経平均は大幅に3日続伸。

18日のNYダウは大幅続伸し、前日比421.28ドル高の17778.15ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同2.63(13.53%)安の16.81だった。ダウの上昇幅は11年11月30日以来、約3年ぶりの大きさとなった。FOMCでFRBが早期の利上げに慎重な姿勢を改めて示したことが引き続き好感された。

NY円相場は続落し、前日比20銭円安・ドル高の1ドル=118円80~90銭で終えた。一時119円31銭と11日以来1週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。円は対ユーロで反発し、前日比40銭円高・ユーロ安の1ユーロ=145円95銭~146円05銭で終えた。

NY原油先物相場は3日ぶりに反落。WTI期近の2015年1月物は前日比2.36ドル安の1バレル54.11ドルで終えた。NY金先物相場は続伸した。2月物は前日比0.3ドル高の1トロイオンス1194.8ドルで終えた。

米株の大幅続伸と1ドル=118円台後半の円安を受け、前場の日経平均は3日続伸し、テクニカル上のレジスタンスの25日移動平均線(19日前場現在17410.07円)はもちろん、心理的節目の17500円も回復した。

東証33業種では、証券、商品先物、不動産、その他金融、銀行、ゴム製品、保険、輸送用機器、食料品、卸売、医薬品などが値上がりした。一方、水産・農林、空運の2業種が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは石塚硝子(5204)、2位はダイトエレクトロン(7609)、3位はゲンキー(2772)。一方、値下がり率トップはサニックス(4651)、2位はマーベラス(7844)、3位はスカイマーク(9204)。
18日の米国株式市場は大幅続伸し、前日比421.28ドル高の17778.15ドル、ナスダック総合株価指数も続伸し、同104.084ポイント高の4748.396ポイントだった。恐怖指数(VIX指数)は同2.63(13.53%)安の16.81だった。上昇幅はダウ、ナスダック共に、11年11月30日以来、約3年ぶりの大きさとなった。FOMCでFRBが早期の利上げに慎重な姿勢を改めて示したことが引き続き好感された。

NY円相場は続落し、前日比20銭円安・ドル高の1ドル=118円80~90銭で終えた。一時119円31銭と11日以来1週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。円は対ユーロで反発し、前日比40銭円高・ユーロ安の1ユーロ=145円95銭~146円05銭で終えた。

NY原油先物相場は3日ぶりに反落。WTI期近の2015年1月物は前日比2.36ドル安の1バレル54.11ドルで終えた。NY金先物相場は続伸した。2月物は前日比0.3ドル高の1トロイオンス1194.8ドルで終えた。

シカゴ日経平均先物3月物は17540円大証精算値比280円高だった。

米株の大幅続伸と1ドル=118円台後半の円安を受け、本日の日経平均は3日続伸し、テクニカル上のレジスタンスの25日移動平均線(18日現在17404.18円)はもちろん、心理的節目の17500円を回復する見通し。注目は、終値でこれらを上回れるか否かだ。なお、地合いは明らかに好転している。だが、本日は週末。日銀は本日まで開いている金融政策決定会合で、政策の現状維持を決めそうで、投資家の関心は黒田東彦総裁の記者会見の内容に集まっている。このため、これを見極めたいとのムードは強い。17日の安値16672.94円からの上昇幅も17500円まで戻れば、827.06円だ。戻り待ちの売りも相当量出るだろう。その一方、底入れ機運は強まり、先高観も回復しつつある。「掉尾の一振」を期待した買いは入るだろう。この結果、本日は、高値圏で、「強含みもみあい」をイメージしている。

(株式会社カブ知恵 代表取締役 藤井英敏)
18日の日経平均は前日比390.32円高の17210.05円、高値は17274.23円、安値は17136.41円。東証1部の出来高は27億2884万株、売買代金は2兆8877億円、時価総額は494兆7020億円、値上がり銘柄数は1608銘柄、値下がり銘柄数は169銘柄、変わらずは77銘柄。日経平均は大幅続伸。

17日のNYダウは4日ぶりに大幅反発、前日比288.00ドル高の17356.87ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同4.13(17.52%)安の19.44だった。FRBはFOMC後の声明に金融政策の正常化の開始にあたっては「忍耐強くなりうる」との文言を加えた。一方、利上げ開始までの期間の目安の「相当の期間」の文言も残した。さらに、イエレンFRB議長の記者会見の内容も景気に配慮的と受け止められた。

NY原油先物相場は続伸した。WTI期近の2015年1月物は前日比0.54ドル高の1バレル56.47ドルで取引を終えた。NY金先物相場は6日ぶりに反発した。15年2月物は前日比0.2ドル高の1トロイオンス1194.5ドルで終えた。

米株高と1ドル=118円台後半の円安を受け、前場の日経平均は大幅に続伸した。日経平均は9日と10日(17658.14円~17773.30円)、12日と15日(17258.32円~17298.19円)、15日と16日(16895.39円~17037.21円)の窓を空けている。前場の戻りで、一時17265.01円を付け、真ん中の窓を一部埋めた。ただし、25日移動平均線(18日前場現在17405.69円)は下回ったままだった。

後場の日経平均も強い動きを続けた。ただ、12時38分に本日高値17274.23円を付けた後は、伸び悩んだ。

東証33業種では、全業種が値上がりした。倉庫・運輸、食料品、水産・農林、鉱業、石油・石炭製品、サービス、陸運、パルプ・紙、ゴム製品、金属製品、空運などの値上がりが目立つ。個別では、東証1部の値上がり率トップは石塚硝子(5204)、2位はNEXTFロシア(1324)、3位はドリームインキュベータ(4310)。一方、値下がり率トップはスカイマーク(9204)、2位は国際のETFVIX(1552)、3位はETFS銅上場投資(1693)。
18日前場の日経平均は前日比428.11円高の17247.84円、高値は17265.01円、安値は17136.41円。東証1部の出来高は12億9326万株、売買代金は1兆3382億円、時価総額は497兆9445億円、値上がり銘柄数は1754銘柄、値下がり銘柄数は64銘柄、変わらずは36銘柄。日経平均は大幅続伸。

17日のNYダウは4日ぶりに大幅反発、前日比288.00ドル高の17356.87ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同4.13(17.52%)安の19.44だった。FRBはFOMC後の声明に金融政策の正常化の開始にあたっては「忍耐強くなりうる」との文言を加えた。一方、利上げ開始までの期間の目安の「相当の期間」の文言も残した。さらに、イエレンFRB議長の記者会見の内容も景気に配慮的と受け止められた。

NY原油先物相場は続伸した。WTI期近の2015年1月物は前日比0.54ドル高の1バレル56.47ドルで取引を終えた。NY金先物相場は6日ぶりに反発した。15年2月物は前日比0.2ドル高の1トロイオンス1194.5ドルで終えた。

米株高と1ドル=118円台後半の円安を受け、前場の日経平均は大幅に続伸した。日経平均は9日と10日(17658.14円~17773.30円)、12日と15日(17258.32円~17298.19円)、15日と16日(16895.39円~17037.21円)の窓を空けている。前場の戻りで、一時17265.01円を付け、真ん中の窓を一部埋めた。ただし、25日移動平均線(18日前場現在17405.69円)は下回ったままだ。

東証33業種では、全業種が値上がりした。倉庫・運輸、鉱業、ゴム製品、鉄鋼、食料品、海運、輸送用機器、機械、石油・石炭製品、陸運などの値上がりが目立つ。個別では、東証1部の値上がり率トップは石塚硝子(5204)、2位はドリームインキュベータ(4310)、3位はNEXTFロシア(1324)。一方、値下がり率トップはIPATHVIX短期JDR(2030)、2位は国際のETFVIX(1552)、3位はETFS銅上場投資(1693)。
17日の米国株式市場は4日ぶりに大幅反発、NYダウは前日比288.00ドル高の17356.87ドル、ナスダック総合株価指数は同96.478ポイント高の4644.312ポイントだった。恐怖指数(VIX指数)は同4.13(17.52%)安の19.44だった。FRBはFOMC後の声明に金融政策の正常化の開始にあたっては「忍耐強くなりうる」との文言を加えた。一方、利上げ開始までの期間の目安の「相当の期間」の文言も残した。さらに、イエレンFRB議長の記者会見の内容も景気に配慮的と受け止められた。

NY原油先物相場は続伸した。WTI期近の2015年1月物は前日比0.54ドル高の1バレル56.47ドルで取引を終えた。NY金先物相場は6日ぶりに反発した。15年2月物は前日比0.2ドル高の1トロイオンス1194.5ドルで終えた。

シカゴ日経平均先物3月物は17185円大証精算値比375円高だった。

米株高と1ドル=118円台後半の円安を受け、本日の日経平均は大幅に続伸する見通し。想定レンジは17000円~17300円程度。日経平均は9日と10日(17658.14円~17773.30円)、12日と15日(17258.32円~17298.19円)、15日と16日(16895.39円~17037.21円)の窓を空けている。基本的に戻りに入れば、最終的には9日と10日とで空けた窓を埋めるとはみている。しかし、その前の関門は25日移動平均線(17日現在17403.66円)だ。同線を下回っている間は、下振れしやすく、上値は重い。まずは同線付近が戻りメドだろう。

ただ、相場観としては、225先物は16日のナイト・セッションで付けた16440円で底入った可能性が高いため、、「掉尾の一振」が十分期待できる状況になったとの認識だ。大納会までの戻り高値は控えめなら17500円とするが、期待を込めるならリーマン・ショック前の高値2007年2月26日の18300.39円ブレイクとしておきたい。

(株式会社カブ知恵 代表取締役 藤井英敏)


17日の日経平均は前日比64.41円高の16819.73円、高値は16891.02円、安値は16672.94円。東証1部の出来高は24億3085万株、売買代金は2兆6033億円、時価総額は485兆7149億円、値上がり銘柄数は842銘柄、値下がり銘柄数は849銘柄、変わらずは162銘柄。日経平均は3日ぶりに反発。

16日のNYダウは3日続落、前日比111.97ドル安の17068.87ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同3.15(15.43%)高の23.57だった。原油先物相場の下落やロシアの通貨ルーブルの急落が嫌気された。原油先物相場が反発し、ロシアの通貨ルーブルが下げ幅を縮小したことをきっかけに、ダウは取引時間中に急伸し、一時246.6ドル高の17427.44ドルを付けたが、その後は一転して上げ幅を縮小し、下げに転じてこの日の安値圏で終わった。

NY円相場は大幅に続伸し、前日比1円40銭円高・ドル安の1ドル=116円35~45銭で取引を終えた。ロンドン市場の取引時間では一時115円57銭近辺と11月17日以来およそ1カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。NYでの円は対ユーロで続伸し、前日比70銭の円高・ユーロ安の1ユーロ=145円90銭~146円00銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は5日ぶりに反発した。WTI期近の2015年1月物は前日比0.02ドル高の1バレル55.93ドルで取引を終えた。一時53.60ドルまで下げ、期近物として09年5月6日以来ほぼ5年7カ月ぶりの安値を付けた。その後、上げに転じた。NY金先物相場は5日続落した。15年2月物は前日比13.4ドル安の1トロイオンス1194.3ドルで終えた。

前場の日経平均は3日ぶりに反発。NYダウが乱高下して、ほぼ安値引けし、円相場も円高推移のため、始値は16689.34円と前日比マイナススタート。これでは、投資家の買い意欲が盛り上がることはない。ここまでの下落で、日経平均は9日と10日(17658.14円~17773.30円)、12日と15日(17258.32円~17298.19円)、15日と16日(16895.39円~17037.21円)の窓を空けている。今日も窓を空けて下落スタートしたが、押し目買いや、売り方の買い戻しが入り、プラスに転じた。

後場の日経平均は小高く推移した。日本時間あす未明に結果が発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、買い控え気分は強く、前日までの2日間で終値ベースで616.26円も下げた割には、戻りは鈍かった。

東証33業種では、鉱業、パルプ・紙、石油・石炭製品、ゴム製品、鉄鋼、ガラス・土石、倉庫・運輸、精密機械、金属製品などが値上がりした。一方、食料品、空運、陸運、化学、不動産、医薬品、その他金融などが値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはスカイマーク(9204)、2位はデリカフーズ(3392)、3位は兼松日産農林(7961)。一方、値下がり率トップはNEXTFロシア(1324)、2位は西松屋チェーン(7545)、3位はサニックス(4651)。
17日前場の日経平均は前日比69.89円高の16825.21円、高値は16891.02円、安値は16672.94円。東証1部の出来高は11億8751万株、売買代金は1兆2011億円、時価総額は487兆4716億円、値上がり銘柄数は1154銘柄、値下がり銘柄数は565銘柄、変わらずは134銘柄。日経平均は3日ぶりに反発。

16日のNYダウは3日続落、前日比111.97ドル安の17068.87ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同3.15(15.43%)高の23.57だった。原油先物相場の下落やロシアの通貨ルーブルの急落が嫌気された。原油先物相場が反発し、ロシアの通貨ルーブルが下げ幅を縮小したことをきっかけに、ダウは取引時間中に急伸し、一時246.6ドル高の17427.44ドルを付けたが、その後は一転して上げ幅を縮小し、下げに転じてこの日の安値圏で終わった。

NY円相場は大幅に続伸し、前日比1円40銭円高・ドル安の1ドル=116円35~45銭で取引を終えた。ロンドン市場の取引時間では一時115円57銭近辺と11月17日以来およそ1カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。NYでの円は対ユーロで続伸し、前日比70銭の円高・ユーロ安の1ユーロ=145円90銭~146円00銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は5日ぶりに反発した。WTI期近の2015年1月物は前日比0.02ドル高の1バレル55.93ドルで取引を終えた。一時53.60ドルまで下げ、期近物として09年5月6日以来ほぼ5年7カ月ぶりの安値を付けた。その後、上げに転じた。NY金先物相場は5日続落した。15年2月物は前日比13.4ドル安の1トロイオンス1194.3ドルで終えた。

前場の日経平均は3日ぶりに反発。NYダウが乱高下して、ほぼ安値引けし、円相場も円高推移のため、始値は16689.34円と前日比マイナススタート。これでは、投資家の買い意欲が盛り上がることはない。ここまでの下落で、日経平均は9日と10日(17658.14円~17773.30円)、12日と15日(17258.32円~17298.19円)、15日と16日(16895.39円~17037.21円)の窓を空けている。今日も窓を空けて下落スタートしたが、押し目買いや、売り方の買い戻しが入り、プラスに転じた。

東証33業種では、鉱業、パルプ・紙、ゴム製品、建設、石油・石炭製品、金属製品、精密機械、倉庫・運輸、電気・ガスなどが値上がりした。一方、食料品、不動産、空運、化学、水産・農林、陸運の6業種が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは兼松日産農林(7961)、2位はスカイマーク(9204)、3位はYOURMIRAIアジア(1562)。一方、値下がり率トップはNEXTFロシア(1324)、2位はサニックス(4651)、3位は日本たばこ産業(2914)。
16日の米国株式市場では、NYダウは3日続落、前日比111.97ドル安の17068.87ドル、ナスダック総合株価指数も3日続落、同57.322ポイント安の4547.834ポイントだった。恐怖指数(VIX指数)は同3.15(15.43%)高の23.57だった。原油先物相場の下落やロシアの通貨ルーブルの急落が嫌気された。原油先物相場が反発し、ロシアの通貨ルーブルが下げ幅を縮小したことをきっかけに、ダウは取引時間中に急伸し、一時246.6ドル高の17427.44ドルを付けたが、その後は一転して上げ幅を縮小し、下げに転じてこの日の安値圏で終わった。

NY円相場は大幅に続伸し、前日比1円40銭円高・ドル安の1ドル=116円35~45銭で取引を終えた。ロンドン市場の取引時間では一時115円57銭近辺と11月17日以来およそ1カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。NYでの円は対ユーロで続伸し、前日比70銭の円高・ユーロ安の1ユーロ=145円90銭~146円00銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は5日ぶりに反発した。WTI期近の2015年1月物は前日比0.02ドル高の1バレル55.93ドルで取引を終えた。一時53.60ドルまで下げ、期近物として09年5月6日以来ほぼ5年7カ月ぶりの安値を付けた。その後、上げに転じた。NY金先物相場は5日続落した。15年2月物は前日比13.4ドル安の1トロイオンス1194.3ドルで終えた。

シカゴ日経平均先物3月物は16560円大証精算値比170円安だった。

NYダウが乱高下して、ほぼ安値引けし、円相場も円高推移。これでは、投資家の買い意欲が盛り上がることはない。日経平均は3日続落する見通し。想定レンジは16400円~16700円程度。ここまでの下落で、日経平均は9日と10日(17658.14円~17773.30円)、12日と15日(17258.32円~17298.19円)、15日と16日(16895.39円~17037.21円)の窓を空けている。今日も窓を空けて下落スタートする公算が大きい。そして、円相場が急激に円安に振れない限り、昨日安値16714.83円を上限にした「窓」をまた空けることだろう。

ロシア中央銀行が現地時間16日未明に政策金利を6.5%引き上げ年17.0%としたが、ロシア経済への懸念は市場で燻り続けている。また、16日から米連邦公開市場委員会(FOMC)が始まったが、17日の結果発表を見極めにたいとのムードも終日強い状況が続くだろう。

本日に関しては、10月31日と11月4日とで空けた窓(16533.91円~16720.99円)埋めを意識しておきたい。また、13週移動平均線(16日現在16482.98円)もサポートとしては有力だ。しかし、これらを割り込むようだと、9月25日高値16374.14円や、13年12月30日の16320.22円あたりまでの下落は覚悟しておく必要はある。

(株式会社カブ知恵 代表取締役 藤井英敏)
16日の日経平均は前日比344.08円安の16755.32円、高値は16895.39円、安値は16714.83円。東証1部の出来高は24億2932万株、売買代金は2兆5568億円、時価総額は486兆815億円、値上がり銘柄数は129銘柄、値下がり銘柄数は1686銘柄、変わらずは36銘柄。日経平均は大幅続落。

15日のNYダウは続落、前週末比99.99ドル安の17180.84ドルだった。恐怖指数(VIX指数)は同0.66(3.13%)安の20.42だった。11月の米鉱工業生産指数は市場予想を上回って改善したことはポジティブだった。しかし、16日からのFOMCを前に買い手控え気分が強まる中、原油価格の下落に歯止めが掛からないことから、センチメントが悪化し、売り圧力が強まった。

NY円相場は3日ぶりに反発し、前週末比1円円高・ドル安の1ドル=117円75~85銭で取引を終えた。円は対ユーロで3日ぶりに反発し、前週末比1円35銭円高・ユーロ安の1ユーロ=146円60~70銭で取引を終えた。

NY原油先物相場は大幅に4日続落した。WTI期近の2015年1月物は前週末比1.90ドル安の1バレル55.91ドルで取引を終えた。NY金先物相場は4日続落した。15年2月物は前週末比14.8ドル安の1トロイオンス1207.7ドルで取引を終えた。

前場の日経平均は大幅続落。前日の欧米株式市場が軒並み下落したことや、1ドル=117円台の円高が嫌気され、主力の輸出関連株など中心に幅広い銘柄に売りが出た。

後場の日経平均も軟調に推移。11月17日以来、約1カ月ぶりに17000円大台を割り込んだ。

東証33業種では全業種が値下がりした。その他金融、食料品、海運、卸売、精密機械、その他製品、建設、機械、倉庫・運輸、不動産、化学などの値下がりが目立つ。個別では、東証1部の値上がり率トップはスカイマーク(9204)、2位は神戸物産(3038)、3位はフジクラ(5803)。一方、値下がり率トップはヘリオステクノH(6927)、2位はOCHIホールディングス(3166)、3位はエコナックホールディングス(3521)。

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

1【7844】
マーベラス
2【9204】
スカイマーク
3【6079】
エナリス
4【2802】
味の素
5【6758】
ソニー
Powered by みんなの株式

為替チャート

オススメ証券会社

みんなの外為ブログパーツ

株価検索

株価検索

フィスコプレイス 銘柄カルテ

【7888】
三光合成
A+
【6648】
かわでん
A+
【4246】
ダイキョーニシカワ
A+
【4235】
第一化成
A+
【6763】
帝国通信工業
A+
Powered by FISCO PLACE

産経ニュース