記事一覧
28日前場の日経平均終値は、前日比146.32円安の18,234.9円

前場の日経平均は8営業日ぶり反落。前週末まで7営業日続伸からの過熱感、円安一服が重しとなり朝方から売りが先行した。その後も円相場が上昇から下げ幅を拡大し、午前11時9分には1万8222円82銭(先週末比158円4銭安)を付け、その後の戻りも鈍い。石油輸出国機構(OPEC)総会を30日に控えてるほか、今週は12月4日のイタリア国民投票、オーストリアのやり直し大統領選挙も控え様子を見る投資家も多いようだ。
25日の日経平均は前日比47.81円高の18,381.22円、高値は18,482.94円、安値は18,288.50円。東証1部の出来高は24億9278万株、売買代金は2兆7225億円、値上がり銘柄数1030銘柄、値下がり銘柄数は835銘柄、変わらず124銘柄。日経平均は7日続伸。

前場の日経平均は7日続伸。前日の米市場は感謝祭の祝日で休場だったものの、欧州市場が軒並み堅調だったほか、為替相場1ドル=113円台後半まで円安を背景に買いが先行した。その後も堅調に推移し、1月4日に記録した終値ベースの年初来高値(1万8450円98銭)を上回った。買い一巡後はほぼ高値圏で取り引きを終えている。

後場の日経平均は上げ幅を縮小。後場は寄り付きは利益確定の売りが先行するとその後まとまった売りから一時マイナス転換。週末要因のほか、直近急ピッチな上昇からの過熱感が意識された。ただ、先高期待からの目買い意欲は根強く引けにかけては再度プラス圏に浮上、持ち直す動きとなった。

東証33業種では、輸送用機器、精密機器、電気・ガス業、非鉄金属、倉庫運輸関連が値上りした。一方、銀行業、不動産業、海運業、水産・農林業、卸売業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは安永(7218)、2位は日本アジア投資(8518)、3位はタカタ(7312)。一方、値下がり率トップはキムラタン(8107)、2位はゲンキー(2772)、3位はアルテック(9972)
25日前場の日経平均終値は、前日比140.53円高の18450.98円

前場の日経平均は7日続伸。前日の米市場は感謝祭の祝日で休場だったものの、欧州市場が軒並み堅調だったほか、為替相場1ドル=113円台後半まで円安を背景に買いが先行した。その後も堅調に推移し、1月4日に記録した終値ベースの年初来高値(1万8450円98銭)を上回った。買い一巡後はほぼ高値圏で取り引きを終えている。
24日の日経平均は前営業日比170.47円高の18,333.41円、高値は18,382.72円、安値は18,310.31円。東証1部の出来高は23億6753万株、売買代金は2兆6183億円、値上がり銘柄数1157銘柄、値下がり銘柄数は720銘柄、変わらず112銘柄。日経平均は6日続伸。

前場の日経平均は6日続伸。前日の米市場、米ダウが連日で史上最高値を更新したほか、為替相場がドル・円が1ドル=112円50銭台まで円安が進行したことを背景に朝方から買いが先行した。寄り付き直後、午前9時14分には1万8370円74銭(前日比207円80銭高)まで上昇、その後は本日の高値圏でのもみ合いとなっている。トランプ次期米大統領の政策期待、10月の耐久財受注が市場予想を大幅に上回ったほか、11月のミシガン大消費者景況感指数確報値は暫定値から上方修正などから米経済へ対する安心感が広がっている。

後場の日経平均はもみ合い。後場の寄り付きは、日経平均先物が強含んだ流れ受けて買いが先行した。午後0時41分には、本日の高値となる1万8382円72銭(前営業日比219円78銭高)まで上昇。買い一巡後は利益確定売りなどが上値を押さえられたが本日高値圏、狭いレンジ内での推移となった。物色は円安背景に主力の輸出関連が堅調に推移。一方で、直近の相場の上昇を主導してきた銀行株などが利益確定売りに押された。

東証33業種では、鉄鋼、輸送用機器、不動産業、非鉄金属、ゴム製品が値上りした。一方、医薬品、石油石炭製品、鉱業、化学、銀行業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本アジア投資(8518)、2位は市光工業(7244)、3位はミサワホーム(1722)。一方、値下がり率トップはトランザクション(7818)、2位はエーザイ(4523)、3位はヨロズ(7294)
22日の日経平均は前日比56.92円高の18,162.94円、高値は18,175.63円、安値は18,050.55円。東証1部の出来高は19億6090万株、売買代金は2兆1727億円、値上がり銘柄数1210銘柄、値下がり銘柄数は650銘柄、変わらず127銘柄。日経平均は5日続伸。

前場の日経平均は小幅に5日続伸。前日の米市場は、原油価格上昇などを好感して4営業日ぶり上昇、ナスダック総合指数は約2カ月ぶりに史上最高値を更新した。ただ、日経平均は朝方に福島県沖で発生した地震の影響などから為替が1ドル=110円台前半まで円高に振れ小幅安スタート。その後は直近の急ピッチな上昇、明日は勤労感謝の日で祝日となることなどから手控えムード。前日終値を挟んだもみ合いが続いとなっている。なお、トランプ次期米大統領の環太平洋連携協定(TPP)枠組み離脱発言も少なからずマイナス要因となっているようだ。

後場の日経平均は堅調に推移。後場寄り付きに買いが先行、その後中盤以降は売り買いが交錯しもみ合い。明日の祝日を控え利益確定売りの動きがあったものの、終盤にかけては年末へ向けての先高期待からの根強い買いか強含む展開となった。

東証33業種では、鉱業、鉄鋼、情報・通信業、石油石炭製品、水産・農林業が値上りした。一方、海運業、輸送用機器、ゴム製品、金属製品、証券商品先物が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは東京テアトル(9633)、2位は安永(7271)、3位はルック(8029)。一方、値下がり率トップは東海運(9380)、2位はアイ・オー・データ機器(6916)、3位はさが美(8201)
22日前場の日経平均終値は、前日比6.41円高の18,112.43円

前場の日経平均は小幅に5日続伸。前日の米市場は、原油価格上昇などを好感して4営業日ぶり上昇、ナスダック総合指数は約2カ月ぶりに史上最高値を更新した。ただ、日経平均は朝方に福島県沖で発生した地震の影響などから為替が1ドル=110円台前半まで円高に振れ小幅安スタート。その後は直近の急ピッチな上昇、明日は勤労感謝の日で祝日となることなどから手控えムード。前日終値を挟んだもみ合いが続いとなっている。なお、トランプ次期米大統領の環太平洋連携協定(TPP)枠組み離脱発言も少なからずマイナス要因となっているようだ。
21日の日経平均は先週末比138.61円高の18,106.02円、高値は18,129.03円、安値は18,007.79円。東証1部の出来高は20億7074万株、売買代金は2兆2867億円、値上がり銘柄数1405銘柄、値下がり銘柄数は463銘柄、変わらず117銘柄。日経平均は4日続伸。

前場の日経平均は4日続伸。前週末の米市場は反落したものの、為替相場1ドル=111円台への円安進行を背景に買い先行でスタート。再度先週末に一時回復した節目1万8000円台に乗せその後は堅調な推移となっている。年末にかけての株高期待が根強いが、直近の上昇ピッチの早さはやはり気になるところ。また、今週は日米ともに祝日を挟んでおり、売買代金が膨らみ難いうえ、ここから更に買い進むにはややリスクが高いようにも思える。

後場の日経平均は堅調に推移。為替相場1ドル=111円台の円安推移を背景にした買いが後場も継続し、寄り付きから買いが先行。その後もジリ高の展開が続き午後14時29分には、本日の高値となる1万8129円3銭高(前日比161円62銭高)まで上昇。大引けにかけ利益確定売りに伸び悩んだが高値圏で推移となった。

東証33業種では、鉱業、保険業、不動産業、海運業、銀行業が値上りした。一方、非鉄金属、鉄鋼が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはさが美(8201)、2位はタカタ(7312)、3位は大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)。一方、値下がり率トップはトランザクション(7818)、2位は東海運(9380)、3位はエンシュウ(6218)
21日前場の日経平均終値は、先週末比87.82円高の18,055.23円

前場の日経平均は大幅続伸。前週末の米市場は反落したものの、為替相場1ドル=111円台への円安進行を背景に買い先行でスタート。再度先週末に一時回復した節目1万8000円台に乗せその後は堅調な推移となっている。年末にかけての株高期待が根強いが、直近の上昇ピッチの早さはやはり気になるところ。また、今週は日米ともに祝日を挟んでおり、売買代金が膨らみ難いうえ、ここから更に買い進むにはややリスクが高いようにも思える。
前場の日経平均は大幅続伸。前日の米市場は、良好な米経済指標を好感が好感され上昇。また、イエレン(FRB)議長が早期の利上げを示唆、急速にドルが買われ、円相場は一時、約5カ月半ぶりとなる1ドル=100円台半ばまで円安が進行。これを受け、日経平均は朝方から買いが先行すると約10ヶ月ぶりに節目の1万8000円台を回復。寄り付き直後に一時180円超の上昇となったものの、週末要因、直近の上昇ピッチの早さも警戒されてかその後は上昇一服。節目の1万8000円台を挟んでのもみ合いとなっている。なお、注目された安倍首相とトランプ次期米大統領との会談が終了。安倍首相は「トランプ氏と信頼関係を築ける会談になった」と、一部報道が伝わったが反応は限定的だった。

後場は日経平均はもみ合い。前場書いた通り、日経平均が節目の1万8000円台を約10ヶ月ぶりに回復したものの、後場はその達成感や週末要因、直近の上昇ピッチの早さを意識したと思われる利益確定売りに伸び悩む。しばらく節目の1万8000円台を挟んでのもみ合いが続いたが、引けにかけてはこの節目のラインは維持できず。年末へ向けての株高期待は高いが、再度高値を追うにしても日柄調整が必要かと思われる。

東証33業種では、海運業、輸送用機器、ガラス土石製品、その他製品、金属製品が値上りした。一方、医薬品、保険業、食料品、鉱業、電気・ガス業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはエンシュウ(6218)、2位はアイロムグループ(2372)、3位はトランザクション(7818)。一方、値下がり率トップは日本金銭機械(6418)、2位はコナミホールディングス(9766)、3位は山一電機(6941)
18日前場の日経平均終値は、前日比149.16円高の18,011.79円

前場の日経平均は大幅続伸。前日の米市場は、良好な米経済指標を好感が好感され上昇。また、イエレン(FRB)議長が早期の利上げを示唆、急速にドルが買われ、円相場は一時、約5カ月半ぶりとなる1ドル=100円台半ばまで円安が進行。これを受け、日経平均は朝方から買いが先行すると約10ヶ月ぶりに節目の1万8000円台を回復。寄り付き直後に一時180円超の上昇となったものの、週末要因、直近の上昇ピッチの早さも警戒されてかその後は上昇一服。節目の1万8000円台を挟んでのもみ合いとなっている。なお、注目された安倍首相とトランプ次期米大統領との会談が終了。安倍首相は「トランプ氏と信頼関係を築ける会談になった」と、一部報道が伝わったが反応は限定的だった。

今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索