記事一覧

延長に次ぐ延長で、ついに日をまたぐことになった日経225先物の取引時間。午前3時まで取引できることになったが、ダイレクトに米国株の影響を受けるため、これまで以上に機敏なトレードが必要になりそうだ。 [続きを読む]

チャート分析で誰もが一度は通る道、といえば「移動平均線」。「ゴールデンクロス、デッドクロスは当たらない」と言われて久しいが、この移動平均線もヒカルさんがひと手間加えると、新しい分析方法に大変身!

[続きを読む]

今回の大震災後の暴落で損をしたトレードーがいる一方で、勝ったトレーダーもいる。7800円の安値をつけた後の、長い下ヒゲを冷静に「買いシグナル」と判断できたかどうかが、損益の分かれ目だったようだ。

[続きを読む]

震災後、225先物は暴落。一時的だったが、まさかの8000円割れもあった。しかし、実は3月15日の大暴落は事前予測が可能だった。この予測ができれば、損失を限定できた人もいただろう。そこで、トレード防災術を研究する。 [続きを読む]

いよいよスタートした、大阪証券取引所の新システム「J-GATE」。処理速度の超高速化とともに、取引時間や注文方法にも変更が!そこで、これまでとの違いをヒカルさんがチェック。大きな注意点もあるとか…。 [続きを読む]

純国産のテクニカル指標として絶大な人気を誇る「一目均衡表」だが、いざ使おうと思うと、その複雑すぎる「見た目」に後ずさりしてしまう……。でも、ヒカル式なら、たった1本の線だけ見れば、OKなのだ! [続きを読む]

mini取引で3カ月ごとにやって来る「SQ」。その前後は、値動きが小さくなりやすいという特徴があるが、ヒカル式には3通りのSQ戦略が。「逆張りデイトレ」「順張りスイング」「枚数縮小→集中投資」だ! [続きを読む]

1万円を挟んだ長いレンジ相場が続いている日経平均だが、来年はこのボックスの高値を上に抜けて、大きく上昇するかも!?というのも、2004年から05年の「ボックス相場→爆上げ」と、チャートが酷似しているからだ。 [続きを読む]

9000円前後でしばらくもみ合っていた日経平均は、9月中旬からの為替介入をきっかけにレンジが一段上に切り上がり、9500円前後での展開となっている。「介入相場」の中でのmini戦略は? [続きを読む]


今、個人投資家が「買いたい株+売りたい株」

買いたい株

売りたい株

為替チャート

オススメ証券会社

株価検索

株価検索